レビュー一覧に戻る
特捜部Q カルテ番号64
2019年1月11日公開

特捜部Q カルテ番号64

JOURNAL 64/THE PURITY OF VENGEANCE

1182019年1月11日公開

oir********

4.0

白人社会に根強く蔓延する優性思想の邪悪さ

まず過去のデンマークにおいて優性思想による劣者女性強制不妊手術という史実がベースにあり、そこに非白人系移民を蔑視する「医師を中心とした影の組織」からの堕胎不妊手術という現代のトピックを絡め、過去と現在の強制不妊手術を浮けた女性たちの復讐と逆襲をメインとするプロットはそこそこの見応えありと感ずる。 成功点として「影の組織」連中への自然な怒りがこちらにもふつふつと湧いてきたこと。そしてその連中がもしかしたら巨大な組織力ゆえ主役の刑事たちを凌駕してしまうんじゃなかろうか!?とハラハラさせてくれた点。 シリーズ物でありながらかなり丁寧緻密に構成され、それに加え主役刑事チームのヒューマンドラマをも上手く織り込みまとめ上げたのも見事と感じた。 ラストは人づきあいが全く苦手な主役刑事のロマンス匂わせも有ったり、悪くない余韻が残る。 4.2の四つ星

閲覧数643