2019年1月11日公開

特捜部Q カルテ番号64

JOURNAL 64/THE PURITY OF VENGEANCE

1182019年1月11日公開
特捜部Q カルテ番号64
4.0

/ 298

28%
49%
20%
2%
1%
作品情報上映スケジュールレビュー

作品レビュー(50件)


  • ********

    5.0

    シリーズ通して見ると感動が

    相変わらず事件は胸糞だなあとシリーズの雰囲気を思い出しながら観た カールの相棒はアサドぐらいの寛容さがないと務まらないと思うが、異動なんてどうなることかと、事件以外のところにも惹かれる点がある 事件は劣等者の定義が差別に基づいている時点で話にならないが 医師であろうと科学的根拠より思想を優先してることが分かりやすく、心置きなく悪者として憎める まあ実際にあったことってのが恐ろしいわけだが、医師ならさもありなん、とも思う 解決はバタバタで、それぞれの動機が詳しく描かれなかったのは残念かな その後のバディの仲直り?はカールお前やっと素直になれたのか!と褒めたい気分に ここまでが長かった! シリーズを通して見てきて、やっと…!という感動がある 偏屈おっさんの成長を見て感動ってのも笑えるが、ここまでくるとキャラに愛着が湧いている そういえばラリって変な笑顔のカールも見れたな 事件の胸糞感がウソのように賑やかほのぼので終わり、これでシリーズ最終話でも納得の出来 テーマは重く気分良く観れる話ではないが、面白かった

  • oir********

    4.0

    白人社会に根強く蔓延する優性思想の邪悪さ

    まず過去のデンマークにおいて優性思想による劣者女性強制不妊手術という史実がベースにあり、そこに非白人系移民を蔑視する「医師を中心とした影の組織」からの堕胎不妊手術という現代のトピックを絡め、過去と現在の強制不妊手術を浮けた女性たちの復讐と逆襲をメインとするプロットはそこそこの見応えありと感ずる。 成功点として「影の組織」連中への自然な怒りがこちらにもふつふつと湧いてきたこと。そしてその連中がもしかしたら巨大な組織力ゆえ主役の刑事たちを凌駕してしまうんじゃなかろうか!?とハラハラさせてくれた点。 シリーズ物でありながらかなり丁寧緻密に構成され、それに加え主役刑事チームのヒューマンドラマをも上手く織り込みまとめ上げたのも見事と感じた。 ラストは人づきあいが全く苦手な主役刑事のロマンス匂わせも有ったり、悪くない余韻が残る。 4.2の四つ星

  • s.arata

    4.0

    【シリーズを一気見したくなりました】

    ・いや、このシリーズ面白いかもしれません知りませんでした。 ・どうやらこの作品はシリーズラストの作品のようなので、一から見直して改めてレビューを書こうと思いますが、本作自体はかなり面白かったです。シリーズ一気見したくなるような素敵なキャラクター性やサスペンス要素が盛りだくさんです。

  • tks********

    3.0

    初鑑賞

    当シリーズは本作が初鑑賞。レビューの高評価(現在4.1)に惹かれて観てみたが、なぜそこまで評価が高いか分からず。

  • kak********

    4.0

    未解決事件を扱う特捜部Qの活躍を描く映画

    原作は、コッシ・エーズラ・オールスンのベストセラー小説「特捜部Q」シリーズの第4弾で、すでに第1弾「棺の中の女」、第2弾「キジ殺し」、第3弾「Pからのメッセージ」は映画化されている。 物語は、過去の未解決事件を扱うコペンハーゲン警察の新部署「特捜部Q」の活躍を描いて行く。今回は、なぜか食卓を囲むようにミイラ化された死体の発見からおぞましい過去の事件が浮かび上がる。ミステリーの苦手な方や、今妊娠中の女性などは避けた方が賢明な映画かもしれない。 主演は、「天使と悪魔」のニコライ・リー・コス、「ゼロ・ダーク・サーティ」のファレス・ファレスなど、このシリーズの常連が演じている。脚本が、「ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女」を手掛けたジコライ・アーセルだけに北欧の香り漂う濃密なサスペンスに仕上がっている。 しかし、北欧独特の暗い情景は健在で気候のせいと決めつけるのも短絡な気がする。主な要因は重すぎるテーマではないだろうか?本筋の「質の劣る人間」の排除は、ナチスのユダヤ人迫害を思い出させるし、現代における移民問題と無縁ではない。こうした人種差別的問題が根強く残っている社会に焦点を当てている。 失うものが何もないと気づいたとき、犯人の周到な計画が実行される。しかし、真の犯罪者は誰か?社会的制裁だけでは収まりようのない衝撃の動機が徐々に明らかになる。

  • a10********

    5.0

    三作品をイッキ観

    北欧刑事ドラマ 雰囲気が好みで キジ殺し以外の三作品イッキ観しました。  1番良かったです。 事実に基づいた恐ろしさ 女性なので許せない事実でした。 アサドとのコンビ愛がじんときました。 追記 キジ殺しも鑑賞 もっと観たい 2022年に リバイバル?されて 新しいキャストで作品が追加されてたけど やっぱり 男草な無骨な刑事がまた観たい

  • mul********

    5.0

    イメージワードは歴史文化

    無くす前に言葉にできて良かった。シリーズの中では1番かも。 ローセが強くてびっくりした(笑)

  • タイムスリップ1.21ジゴワット

    4.0

    デンマークの「相棒」シリーズは重厚な物語

    かつてはベルイマンとかポルノくらいしか知らなかったけど、昨今の北欧映画は良作が多い。 さすが童話文学の伝統の国々なのか、寒々しく薄暗く重苦しい風景に不安を煽られるような雰囲気を感じるのも一因か。

  • みかん333

    5.0

    サスペンス

    私の語彙力ではレビューできない  星五つ以上です

  • サンゴ

    3.0

    ネタバレ北欧ミステリーは絶品

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • drm********

    3.0

    ここから

    シリーズものとはつゆ知らず、今作から観てしまった愚か者… バディものは最初から観たいよね。 しかし普通のミステリーとしても楽しめたので それはそれ。 まあ、陰鬱なひどい事件なんだが、特捜部という肩書で良いラインで観やすくなっているのは助かった。 救いがあるかと言われるとどうなのか?という部分はあるのだが、観やすかったのでよし。 しっかりとシリーズをこれから追いたいと思う。

  • lon********

    3.0

    ネタバレ演技は素晴らしいが納得がいかない結末

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • 新高山 登

    4.0

    シリーズの中ではNo.1

    しかしデンマークの警察はヘタレじゃのう。

  • bir********

    5.0

    ネタバレ4作でベスト

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • tsu********

    4.0

    北欧社会派サスペンス刑事ドラマ好きです

    アマゾンプライム無料鑑賞。 地味だけど社会派のエッジが効いていて、デンマーク映画侮りがたし、です。 優性思想と移民問題をうまく絡めて、今の社会を映画の中にうまく落とし込んでいて、エンタメ一辺倒なハリウッド映画とは違う玄人好みの仕上がりです。 シリーズ物のほかの作品も見たくなりました。 北欧の鉛色の冬の空とテーマの重さの味わい、必見の★★★★

  • t_k********

    5.0

    ハマったなぁ

    このシリーズ、たまたまCSでやってるのを、運よく順番通りに観ることが出来た。 当初、(北欧ミステリーにありがちな)なんか全体的に暗い印象で、どーも自分的にはパッとしない感じだったけど、シリーズが進むにつれ、どんどん面白さが分かってきて、特にこの4作目は、すごく面白かった。(ハマった) ただ、やはり、このシリーズはちゃんと最初から順番通りに観るのをお勧め。 ストーリーそのものもイイのだが、人間関係の機微みたいものが、徐々にジワジワくるのも重要な要素だと思う。

  • toika

    5.0

    重く心に残る

    このシリーズは大好きで映画ももちろん全部観ました、第4弾ということでそろそろパワーダウンしてくるかなと思いきやまさかの自分の中で最高傑作更新という評価になりました 内容はいつも通りと言うかミステリー要素やアクションシーンなどは少ないのですが全く飽きさせない展開が続き視聴中は「おもしれぇ」と何回も呟いてました、ストーリーに関しては不妊手術と移民という重いテーマを見事に描ききってますしカールとアサドの関係も作品ごとにより深まっていきラストは当然号泣してしまいました カールとアサドというキャラクターも大変好きなのですがやはりローセの存在が素晴らしい、ローセがいることで雰囲気が和やかになるので頭の固い2人にはいい緩衝材になってますしローセ無くして特捜部Qは成り立たないと断言できます、今回の映画は少し見せ場もありよりローセというキャラが動くようになったかと感じます 自分の中ではこれが最高傑作だと感じますが他の作品負けず劣らず素晴らしいです、オススメなのでぜひ観てください

  • yut********

    4.0

    特捜部Q最高傑作

    毎回内容がハードで重い 特捜部Qの中で1番面白いと思うのでおすすめ

  • hir********

    5.0

    かつて無い・・・

    かつて無い、本格派シリーズの、 映像化第4弾。 こんなに素晴らしい作品を楽しめる事に、ただただ感謝。

  • par********

    4.0

    ミイラにして閉じ込めないでくれよ?

    壁をぶち壊したらリアルみたいな3人のミイラが出てきたら誰でもビビるって(苦笑)12年間もこの謎の部屋に隠されていた理由とは?そしてあのアサドが特捜部から異動だってΣ(゚Д゚)?!カールもアサドのためを思って別の部署に異動させようとするんだけど勝手すぎないかな……。社会不適合者だけを集めた女性収容所……医者も看護師も患者も曲者ばかりだな!俺的に許せないのは医者クアドの強制不妊手術という悪行……昔の社会主義者ってこんなにヤバイ思想が多かったのか?失うものが無くなったニーデさんにあるのは彼らに向けての復讐だけ(◎言◎)……でも、復讐を遂げる寸前で彼女を止めたのはかつて失ったハズの愛とはね(;ω;)事件の真相を探る特捜部Qに謎の組織からの魔の手が?!事件の背後にいると言われる者たちはブラントのただの妄想かと思ったら本当のことだったのね……疑ってすまぬ(;´ω`)

1 ページ/3 ページ中