レビュー一覧に戻る
ザ・ハウス ~呪縛のAIマンション

bvinx

3.0

ネタバレ私には少し難しかったです。

『呪われた土地に建設されたハイテク高級マンションが、住人を襲い始める。  30年間もの間、放置されていた元食肉加工工場の跡地に、最先端のハイテク設備が完備された高級マンションが建設される。プロジェクトを手がけたアレックスと妻子もまた、マンションの最上階に住み入り、順調に住人達と交流を深めていく。しかし、やがて幼い一人娘・ミアが、姿の見えないルパートという少年と会話をするようになり、心配になった母・シャーロットが、少年の正体と、マンションが建つ土地を調査し始めると、建物を象徴する時計塔にまつわる、想像を絶する恐ろしい過去と真実が明らかになる。』 FOX HPより引用。 おもしろそうなあらすじだったので観てみましたが、詰め込みすぎていてよく解らなかったというか、私には難しかったです…。 ハイテク高層マンションが舞台ですが、ハイテクというわりにはエレベーターが手動で扉を閉めるタイプで、え?となります。そしてマンションの全貌の画もないので、高層かどうかも判らず、高層と設定する必要はあったのかなぁと…。 またこの高層マンションは新築なので、ロビーを行き交う住人の画なんかもあるのだろうと勝手に思い込んでいたのですが、そういった描写もなく、ほぼほぼ主要人物のみの登場です。背景の画に創り込みがないというか、平面だけというか…。 ストーリーに関しては、ほかの方もおっしゃられているように、シャイニングを彷彿とさせます。 作中でも『魂』と言っているので、心霊もののような怖さは薄いです。 そして私が難しく感じた点は、ドッペルゲンガーの解釈についてです。もう一度ちゃんと観直せば理解できるのかもしれませんが、もう一度観ようとは思えず…。 というのも、ラストシーンを見たときに「The完結!」と思ってしまったので、もうこのままでいいかなぁと…。 ストーリー自体はおもしろかったです。結末も好きです。ただ、ストーリーの割りには創りが淡々としすぎているような気もしたので、その点については少し残念だったように思います。 余談です。 うろ覚えなのですが、食肉加工工場が舞台の猟奇殺人的なホラー映画って、ほかにもありませんでしたか?結び付けやすい舞台設定なのかなぁと…。

閲覧数452