ここから本文です

バースデー・ワンダーランド (2019)

監督
原恵一
  • みたいムービー 124
  • みたログ 626

2.77 / 評価:519件

凡そ魅力を感じず仕舞いだったな

  • fg9***** さん
  • 2020年7月7日 15時51分
  • 閲覧数 565
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

…在宅勤務で映画三昧の日々を過ごし、レビューが一杯溜まってしまったので、ザックリと書くことにする。
 …あらすじは解説の次のとおりと書くような内容はないが、取り敢えずは書いておこう。
 『自分に自信のないアカネは誕生日の前日、突如現れた謎の錬金術師ヒポクラテスと弟子のピポから世界を救ってほしいと言われ、骨董屋の地下室からつながるワンダーランドへ連れ出される。
 幸せな色に満ちたワクワクする世界は、色が消えてしまうという危険にさらされていた。
 ワンダーランドを守る救世主として期待されるアカネは、世界を救うための冒険に出る。』
 主人公のアカネに凡そ魅力を感じず仕舞いだったな。
 ワンダーランドへ行っても引き回されているだけで、主体性を持って行動することが殆どないので、退屈の極みだった。
 ラストも何かを成し遂げた感がないので、爽快感も何も味わえない作品だった。
 そもそも、アカネが小学生に見えなかったし、松岡茉優は決して嫌いじゃないものの、プロの声優と比べると力の差は歴然としていたな。
 そんな訳で、「ワンダーランド」自体にも何も心を掴まれることはなかったな。
 麻生久美子が声優でも麻生久美子から一歩も踏み出していないのが可笑しいだけだった。
 それに若干加点しても、1.2点のオソマツクンでありんした。

 (メモ 総レビュー数:3727件、2020年度170作品目)

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 絶望的
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ