レビュー一覧に戻る
ワンス・アポン・ア・タイム・イン・チャイナ 南北英雄
2019年2月8日公開

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・チャイナ 南北英雄

黄飛鴻之南北英雄/THE UNITY OF HEROES

1042019年2月8日公開

bakeneko

5.0

ネタバレドーピングは反則だぞ!

中国&香港で“孫悟空”の次に多く映画化されている-“清朝末期(1847-1925)に実在した武術家兼鍼灸師兼武術家:黄 飛鴻を主人公にした“時代クンフーアクション”で、 最近のツイ・ハーク“が黄飛鴻をヒーロー映画化した”ワンス・アポン・ア・タイム・イン・チャイナ“シリーズの4,5作で主演を演じた”香港の東山紀之“:チウ・マンチェクがシリーズ7作目にして24年ぶりに主演に帰り咲いています。 香港の街に理性を失って大暴れする奇病が発生し、暴徒の一人を黄 飛鴻が捕らえて道場で治療を試みる。丁度その時はイギリスで先端医療を学んだフェイホンの恋人モー(韦娜:Na Wei)が帰国してきていて、暴徒を調べると新種のアヘンが見つかる、全ては病院を隠れ蓑にした英国の“東インド会社”の仕業だったのだ…。というお話で、最初は敵でやがて味方になる組織の副ボス役で女性アクションスター:魏小欢(Xiaohuan Wei)も見事な体術を披露してくれます。 “常人では太刀打ちできない黄飛鴻を倒すにはドーピングしかない!”という発想で創られた作品で、元ネタはもちろん、ジャン・クロード・バンダムvsドルフ・ラングレンの「ユニバーサルソルジャー」で、新薬を注射してパワーアップした敵と戦います。 またライバルとして北拳武術が示されていて、南北の流派の違いは武術のみならず獅子舞でもあることは勉強になります。 24年後の再主演といってもチウ・マンチェは“ワンス・アポン・ア・タイム・イン・チャイナ”の4&5作の頃が20歳だったので、まだ44歳!若々しいアクションを魅せてくれますし、新ヒロインのNa Weiは可愛らしく、道場の新メンバーとなる:魏小欢 (Xiaohuan Weiの)足技も見事ですよ! ねたばれ? あの~英国べったりの警察長官が野放しなんですけど~

閲覧数582