ここから本文です

上映中

機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ (2020)

監督
村瀬修功
  • みたいムービー 430
  • みたログ 295

4.01 / 評価:271件

あくまで序章

  • 奸雄亭 魏武尊 さん
  • 2021年6月11日 19時12分
  • 閲覧数 13
  • 役立ち度 2
    • 総合評価
    • ★★★★★

映画としての1つの作品としてはイマイチ。あくまでドラマの1話と捉えるべき。

まず物語に抑揚が無い。説明台詞も意図的に排除しているのでキャラの立ち位置や繋がりや行動理念が解らない所がある。特に物語の格になるハサウェイが何故あれだけの軍力を得れてマフティーを結成出来たのかが全く語られていないし、ハサウェイとギギの会話が電波ユンユンのドッジボール会話。プロローグとして大雑把な状況しか描いて無いのは残念。そして何より富野作品なのに全く富野演出が出来ていないのは致命的。

ガンダム一見さんが楽しめるとは到底思えない解りやすい映画的手法を排除したコアな作品。

じゃあ意味不明な作品かというと否、あくまでナレーションの無いドキュメントドラマとしての完成度は高いし、ロボットアニメとしての表現力は素晴らしい。ライバルのケネスは二面性があるキャラで魅力的。後、軽くあしらってくるハサウェイをどうにか誑かそうとしている盛ったギギを微笑ましいと思える人ならドラマは楽しめる。

戦闘シーンは人間視点からのモビルスーツ戦に巻き込まれて逃げ惑うシーンは圧巻の一言。
そして何よりもラストのMs戦は圧巻!!誘導ミサイルであそこまで面白い演出が出来るとは!音の迫力もガンダムシリーズNo.1良いのは間違い無い。

この作品はあくまでシリーズが終わる三作品が終わるまで正当な評価が出来ないテレビドラマ方式。

私的にチェーンへの贖罪が無かったのは非常に残念。小説を改変しなければ2部でクェスが死ぬ過去の振り返るシーンがあるのでそこで何らかの贖罪の言葉があれば良いが・・・

次回予告あると思ったが無かった。こんだけ延期したのだから2部のアナウンスはあっても良かった。

文句も言ってますがこのシリーズは楽しみ!ドロドロになる2部が待ち遠しい!

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 勇敢
  • セクシー
  • かっこいい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ