ここから本文です

上映中

ある町の高い煙突 (2019)

監督
松村克弥
  • みたいムービー 57
  • みたログ 92

3.80 / 評価:79件

解説

『八甲田山』『劔岳 点の記』などの原作者・新田次郎の小説を原作に、鉱山の煙害と戦った若者たちの実話を描く社会派ドラマ。苦しむ住民のために、主人公たちが奔走する。メガホンを取るのは『サクラ花 桜花最期の特攻』などの松村克弥。舞台に出演してきた井手麻渡が主演を務め、渡辺大、小島梨里杏、吉川晃司、仲代達矢らが共演する。

シネマトゥデイ (外部リンク)

あらすじ

1910年の茨城県久慈郡。地主の家に生まれた関根三郎(井手麻渡)は、隣村の日立鉱山が原因の煙害が発生していることを知る。三郎の祖父・兵馬(仲代達矢)が鉱山会社に掛け合うが、補償はするが煙害は我慢するようにと言われてしまう。その後兵馬が他界し、三郎は進学も夢も諦め、とことん煙害と向き合うことにする。

シネマトゥデイ (外部リンク)

本文はここま>
でです このページの先頭へ