2019年5月25日公開

武蔵-むさし-

1202019年5月25日公開
武蔵-むさし-
2.9

/ 73

19%
15%
27%
14%
25%
作品情報上映スケジュールレビュー

作品レビュー(11件)


  • まー

    1.0

    パッとしない

    割と豪華なキャスト、殺陣もそれなりなんだけれど、 ずっと何かが足りない感が拭えず、終始退屈な映画でした。 一般的に認知されている物語上の武蔵ではなくて、 史実に基づいた実在の武蔵を描いたらしいんだけど、 そのせいかドラマチック感が失せ、頼りない仕上がりに(苦笑) 特に小次郎がオッサン&言動に魅力がないのが… 実際に武蔵より40歳位上らしいので、これで正解ですが(汗) 最大の欠陥が物語のテンポの悪さ。 殺陣以外はほぼダラダラとした会話劇でかったるい。 活劇、としての武蔵を見たいなら他をあたった方がいいでしょう。 主役がよく近代ドラマで見かけるがあまり記憶に残らない 脇役をやっている人でしたが、結構頑張っていたと思います。 反面、暴れん坊将軍はコレジャナイ感がずっと…

  • fal********

    5.0

    久しく無かった骨太な時代劇

    テレビや映画から「時代劇」と呼べるものが絶え、見た目重視のおもみもふかみもない「時代劇もどき」が幅を利かせて久しいこの時代に、ようやく久々に「本物の時代劇」を見た気がする。 説明やBGMは最低限に留めおき、人間同士の思惑や陰謀、殺陣においてひたすらリアリティを追求した作品である。 無邪気な功名心から吉岡一門に試合を申し込み、やがて巻き込まれていく殺戮の中で悩み、怯え、苦しみながらも成長していく武蔵の姿を丁寧に描いている。 無論、ライバルであり最大の強敵である佐々木小次郎や、出番が少ししかない登場人物に至るまでしっかりとしたバックボーンが練られており、端役一人にもちゃんと人生がある事を伺わせる。 決して派手さがある作品ではないが、吉川史観で形作られた「宮本武蔵」像ではなく史実に基づく「新免武蔵守藤原玄信」として描かれている作品と言えよう。 なお、本作を観るにあたり、まずは新免武蔵の史実を予習していく事を強く推奨する。 史実を調べもしないで上辺だけを見て酷評するのは、愚の骨頂である。

  • so_********

    1.0

    東映映画️

    史実に基づいてとあったが配役といいストーリーといい何か陳腐でした。山村聰や千葉真一が出てた柳生一族の陰謀の超々劣化版。人何人も切ってたら脂であんなに切れないだろう。

  • m34********

    1.0

    いまいち

    時代劇は好きな方だが、構成はいまいち。 監督の独自理論の押し出しが一番の原因。 キャストがかわいそう。

  • tam********

    3.0

    決闘 時代劇

    史実に基づいたオリジナルスト-リーということで、 慣れ親しんだ吉川英治の武蔵とは一味違っている。 というよりも、 吉岡道場との果し合いから巌流島まで、淡々と武蔵の決闘エピソードを追い続ける。 その間の武蔵の剣の進化はシネマとしての、大きな見せ所だった。 高名な師もなく、後ろ盾のない若者が世に認められるために剣に賭ける決意が 本作のテーマなのだろう。 その一方で、細川家の政治事情にも拘りがあったようだ、本シネマの主張なのか? そこでは佐々木小次郎が武士としては自由な精神を持った人格者として扱われ、思いがけず意外な人柄に触れた思いだった。 その佐々木小次郎との決闘にも未知の結論が用意されていた。 なるほど オリジナルストーリーの面目躍如だった。 武蔵を演じた細田善彦さんの献身的殺陣が印象に残った。 三上康雄フィルム、これからも独自の時代劇を追求してほしい。

  • apw********

    1.0

    月代

    殿様(監督らしいが)と筆頭家老が月代を剃っておらず気になった。時代劇なのだから手を抜かないで欲しい。

  • ケン

    4.0

    往年の時代劇スターが生き生きと。

    若き武蔵を演じる細田善彦の躍動感も素晴らしいが、往年の時代劇のスター達が水を得た魚の様に生き生きと演じるのを観て嬉しかった。緩いチャンバラものではなく、刀による武闘のリアル感を追求した結果、緊迫感と迫力が充分に伝わって来る。女優陣の水野真紀や遠藤久美子の顔も懐かしい。やはり本気で作る時代劇には日本映画の良さが出ると感じた。観て損は有りません。

  • eyesonly

    3.0

    マニアックすぎ

     時代劇オタクを自称する監督の思いは十分感じることができるが、何ぶんマニアックすぎ。  宮本武蔵の剣を修め、武蔵に少なからず知識のある私でも、ストーリーについてゆけないところがある。  まず、セリフがマニアックすぎる。聞き取れないところ、理解できないところがどうしてもある。また、人物間関係がわかりにくい。と言うか、人物の関係性について、劇中に説明がない。時間の経過の説明もない。知っている者ならば、当たり前のことでも、武蔵マニアでなければ理解できないだろう。  なぜ戦う、と言うキャッチコピーだが、その答えも提示はされていない。観客に委ねると言う感じのようだが、ここまでわからなくしていいのかとも思えてならない。  監督の方針は、理解できなくもないが、もう少しわかりやすくしたら、もっといい映画になったのではないのかなあと言う思いが私はぬぐえない。  殺陣にしても、監督の思いは感じられども、武蔵関係者の私からしても、疑問を感じるところはある。所詮は、誰も真実はわからないフィクションなのである。割り切って、もっと、エンタメ性を追求してもいいのかもと言うことだ。そもそも、あの時代の日本語は、今の日本語と全く違う。ここまで、複雑にしなくてもと思う。  武蔵については、吉川英治等、既存の有名なイメージがある。しかし、実際、武蔵を研究するとどうも大きな違和感を感じるのだ。それは、誰しもが持つものなのだと思う。三上監督も同じ思いで、自分なりの武蔵のイメージを表現したのだと思うし、それには正直、私も敬意を表する。  そういう監督の思いが全体として映画として、うまく結実しているかと言うと、正直うーんとなってしまう歯がゆさを感じた。  もっとも、監督は私のような観客向けにこの映画をつくったのではないかもしれない。

  • jac********

    4.0

    エンクミ渾身の演技

    宮本武蔵と言えば中村錦之助主演の映画のストーリーがある 程度の年齢以上の日本人には染みついている。 それを覆したいという想いが冒頭の史実に基づいたストーリ ーというスーパーから感じられた。 だが、その史実に基づいたストーリーの佐々木小次郎が松平 健のようなオジサンだったことには心躍らない。 一番心に残ったのは遠藤久美子の演技。 エンクミちゃんと呼ばれていた頃からは想像できない迫力の 演技だった。 ☆3.7

  • tet********

    5.0

    展開がスムーズ

    無駄を省き、武蔵の闘いの本質部分を次から次へと小気味良く、迫力の映像をもって展開していく。非常に充実感のある作品である。往年の武蔵ファンには待ってましたと言われる作品だと思う。一方、武蔵にあまり詳しくない人には、もう少し解説的なセリフやナレーションがないとわかりづらいかもしれない。

  • yu2********

    5.0

    全く新たな武蔵像の創造

    劇場公開に先立つ完成披露上映会で観賞。 これまで数多く映画化されてきた剣豪・宮本武蔵ですが、本作は全く異なる視点と演出による新たな武蔵像と彼を取り巻く人間ドラマを、「剣の道」を緯糸にして見事に織り上げた、近年稀にみる本格正統派時代劇の秀作です。 何より剣戟を核とする時代劇の常識を根底から覆す、登場する男も女も悉く一人も悪人がいない人物設定。皆が挙って己の主義・信条に狂信的なまでに忠実に直向きに生き、それゆえに起きる軋轢に互いに妥協することがなく、徹底的に葛藤し相争う。従って勧善懲悪という関係は全く生じず、全ての剣戟は、各々の正義対正義の苛烈で、息苦しいまでの鋭利で凄惨な激突で、終始息を呑むばかりでした。 史実に沿って最後の勝者となった武蔵には、ただ虚無感だけが残ったのだろうと思います。 極限まで凝縮された台詞回しの少なさの上にBGMも殆ど無く、短いカットが次から次へと重畳され、否が応でも緊張感と緊迫感が昂揚させられます。三上監督の前作『蠢動』同様に、モノトーンのやや淡色の陰鬱な画調、青年・武蔵の不安と焦燥に包まれた心象風景の如き画調を背景にして、恰も真空状態かの如き異様に張り詰めた空気がスクリーンのみならず観客席にも漂っていました。宛ら息も出来ないくらいであり、背筋が直立に矯正され身構えさせられていました。 生死の狭間での、生身の肉体がぶつかり合う激しい剣と剣の応酬には、一寸の狂い、一呼吸の遅れで生死を分かつ、一瞬一瞬の劇的な迫力に溢れており、特に一乗寺下り松の吉岡一門との決闘シーンでの武蔵の剣には、鬼神の如き尋常でない速さと鋭さがあり、ヒーローの華麗さや快活さは微塵もなく、ただ生きるための狂気に満ちた必死の気迫と剛毅さが有るのみです。 目まぐるしく場面が移りながら、ストーリーは整然と、且つ非常にテンポよく進んで無理な展開は全くなく、一方で無駄なシーンもない、誠に稠密な構成。 更に台詞も徹底的に磨かれ削がれた珠玉の言葉で書かれており、またやや仰角でのカメラアングルも人物への畏怖の念を自然と醸し出しており、三上監督の台詞・所作の隅々にまで神経を張り巡らせた完成度の高い細心の仕事ぶりが実感出来ます。 歌舞伎十八番「勧進帳」の名場面、弁慶と富樫による山伏問答を擬えた、冒頭での佐々木小次郎と沢村大学との出会いでの厳粛にして小気味よい遣り取りが典型ですが、言葉少ない台詞が、殆ど全て象徴的で重厚な言い回しで尽くされており、その結果、日本語が本来有する優美で風雅な美しさと、その一方での激越で壮烈な険しさを強く認識させられます。 武蔵にとって闘いに勝つことは手段であったはずが、いつの間にか目的化し、名を揚げ立身出世する過程としての試合が、それ自身が、即ち試合に勝つことが武蔵にとって唯一の生きがいと化していく、自然に変わっていくその変貌ぶりには、人が本来持つ獣性が曝け出されて、畏怖を感じます。 斯様に本作のテーマは、武蔵を俎上に載せて、情熱と闘志に満ちた若者の野望と大志を貪り喰って、時代は蟠踞し、そして胎動する。一人の個は、大きな時代のうねりの中で翻弄され浪費されてしまうが、そのエネルギーの躍動こそが、時代を変革させていくということだと感じます。 時代劇をアクション映画と看做す私見によれば、本作は冒頭からエンドロールまで途切れることなく“動”たる殺陣と殺陣に至る“静”たる所作が目まぐるしく展開しており、言わば殺陣アクションの和製ジェットコースタームービーともいえます。 ともかく、2時間の上映中、これほど終始臍下丹田に力を入れ続けた映画は初めてです。

1 ページ/1 ページ中