ここから本文です

武蔵-むさし- (2018)

監督
三上康雄
  • みたいムービー 38
  • みたログ 86

2.90 / 評価:73件

解説

剣豪として名をはせた新免武蔵を題材にした時代劇。剣の達人として成長し宿敵との対決に挑むまでを、周辺の人々の動向も見つめた群像劇スタイルで活写する。メガホンを取るのは『蠢動 -しゅんどう-』などの三上康雄。『ウルトラマンX』シリーズなどの細田善彦、ドラマ「暴れん坊将軍」シリーズなどの松平健、『将軍 SHOGUN』などの目黒祐樹をはじめ、水野真紀、若林豪、中原丈雄、清水紘治、原田龍二、遠藤久美子、武智健二、半田健人、木之元亮らが出演している。

シネマトゥデイ (外部リンク)

あらすじ

慶長9年。新免武蔵(細田善彦)は、剣術の名門である吉岡家の吉岡清十郎(原田龍二)に挑むため、京都を訪れる。父の無二斎を超えるため、かつて彼と対戦した清十郎に勝たねばならぬと意気込む武蔵は、その弟・伝七郎(武智健二)と吉岡一門数十名と激闘を繰り広げる。一方、豊前細川家の重臣・沢村大学(目黒祐樹)は所司代を訪ねる道中で佐々木小次郎(松平健)という修験者と出会う。

シネマトゥデイ (外部リンク)

本文はここま>
でです このページの先頭へ