ここから本文です

スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム (2019)

SPIDER-MAN: FAR FROM HOME

監督
ジョン・ワッツ
  • みたいムービー 714
  • みたログ 3,766

4.08 / 評価:3,018件

解説

『スパイダーマン:ホームカミング』に続き、トム・ホランドが主人公ピーター・パーカーを演じたアクション。ヨーロッパで友人たちと旅行を楽しむピーターがミッションを与えられ、新たな戦いに向かう。共演は、前作にも出演したジェイコブ・バタロン、ゼンデイヤ、マーベル作品のニック・フューリー役でおなじみのサミュエル・L・ジャクソンら。監督はジョン・ワッツが続投する。

シネマトゥデイ (外部リンク)

あらすじ

高校生のピーター・パーカー(トム・ホランド)は夏休みを迎え、親友のネッド(ジェイコブ・バタロン)やMJ(ゼンデイヤ)たちとヨーロッパへ旅行に行く。ところが、ピーターの前にS.H.I.E.L.D.の長官ニック・フューリー(サミュエル・L・ジャクソン)が現れ、彼にある任務を与える。

シネマトゥデイ (外部リンク)

映画レポート

「スパイダーマン ファー・フロム・ホーム」「フェーズ3」ラストを飾る、最高に楽しく胸掴まれっぱなしの痛快作

 きっと誰もが「アベンジャーズ エンドゲーム」の衝撃からまだ抜け出せずにいるはずだ。あのクライマックスの向こう側に新たなストーリーなんて描けるのだろうか。でもこれぞ彼らの底力というべきか、MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の「フェーズ3」を締め括るこの映画は、過去のどの作品よりも軽やかで楽しい、最高のアドベンチャーを届けてくれた。もちろん、師たる鉄の男への想いも大切に抱きしめながら。

 サノスとの壮絶な戦いによって世界はどう変わったのか。とりわけ“失われた5年”がピーター・パーカーたちの学園生活に与えた影響を巧妙に盛り込みつつ、本作はアベンジャーズの最年少ヒーローが、今ここに決意を新たにする姿をみずみずしく描き出す。

 そこで物語の主軸を成すのは、ピーターたちのヨーロッパ旅行だ。ヴェネチア、プラハ、ベルリン、ロンドンをめぐる中で突如あらたな脅威が出現し、神出鬼没なニック・フューリーや謎のニューヒーロー(ジェイク・ギレンホールが本当に素晴らしい!)と力を合わせ、何とか対処しようとするのだが……。

 かくも盛りだくさんの内容を、本作は軽快なセリフ回しのもと鮮やかに紡いでみせる。その筆致には感嘆の溜息が溢れるばかり。脚本を担うクリス・マッケーナとエリック・ソマーズは、前作との間に「ジュマンジ ウェルカム・トゥ・ジャングル」を挟んでいるだけあり、若者たちの描き方に大きな自信と成長ぶりが伺える。

 ジョン・ワッツ監督の手腕も大化けした。前作と比べ物にならないレベルのスペクタクル・アクションと、3D趣向を追求した空間演出、そして一筋縄ではいかないプロットが物の見事に炸裂。さらに思いがけない重責に揺れるピーターと、彼を支える仲間たちとのユーモラスな関係性も「絶品」と呼ぶにふさわしい。

 鑑賞中はジェットコースターに乗ったみたいに、ただただ身を預けてあっという間に時が過ぎていく。だがいざ振り返ると、それは若きピーターやその他のキャスト、スタッフを含め、自分たちこそが今後のMCUを牽引していくのだという力強い決意表明であったことに気づくだろう。ここに一つの旅が終わり、また何かが続いていく。そういった通過儀礼の様子を、ハッピー・ホーガン役のジョン・ファヴロー(彼はMCUの第1作目「アイアンマン」の監督でもある)が遠い目をしながら見守る温かさ。その辺りの精神性も含めて、本作はどこまでも粋で、愛すべき映画なのだ。(牛津厚信)

映画.com(外部リンク)

2019年6月29日 更新

本文はここま>
でです このページの先頭へ