ここから本文です

マリオネット 私が殺された日 (2017)

MARIONETTE

監督
イ・ハンウク
  • みたいムービー 11
  • みたログ 67

3.12 / 評価:49件

ゾッとする

  • Yoshipy Happy さん
  • 2019年10月27日 15時45分
  • 閲覧数 563
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

ネット社会が主流となって
犯罪はそり巧妙にそして主犯格はより闇になった。

まだ社会を知らぬうちからネットの中での社会に
先に触れる若い世代。
そこがどんなに恐ろしい社会なのか理解できないから
誰とも知らぬ者とも平気で繋がる。

それが犯罪に繋がるかどうかも想像できない世代が
気軽に社会の一員となれるネット社会に
背筋がゾッとする。

親世代の我々は、子どものそれを気づくことが出来ず
気づいた頃には子どもが被害者や犯罪者になっている。

パソコンが使えて当然の社会
子どもの頃からパソコンやスマホを触り
親よりもその仕組みを知り、使いこなす子どもたちに
その恐ろしさを教えることが難しいのかもしれない。

便利な世の中を目指してきた世界は
便利になればなるほど犯罪の若年化を招き
主犯格への道のりを複雑にする。
便利になればなるほど、恐ろしい世の中に
なるかもしれない。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 不気味
  • 恐怖
  • 勇敢
  • 知的
  • 絶望的
  • 切ない
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ