ここから本文です

マリオネット 私が殺された日 (2017)

MARIONETTE

監督
イ・ハンウク
  • みたいムービー 11
  • みたログ 67

3.12 / 評価:49件

未体験ゾーン

  • mik***** さん
  • 2019年3月16日 10時40分
  • 閲覧数 1346
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

毎年恒例の「未体験ゾーンの映画たち」。B級映画愛好家としては楽しみなイベントだが、今年は何を観ようか悩んだ。なにしろ面白そうな作品が多い。実際に観たらガッカリという事も度々だが。

主演がイ・ユヨン。あっ「アトリエの春」でヌードモデルを演じた人だ、それでもってR15か、ちょっとエロそう、などというケシカラン理由で観賞した。しかし、これは実際にあった事件を基にした真面目な映画だった。冒頭から2つのレイプ事件が並行して描かれる。ともに動画をネットで公開する悪質なもので、全く別の出来事かと思ったら… この展開に意表を突かれた。

ユヨン嬢は言えば高校教師の役で生徒からすれば憧れの存在である。その美人教師が追い詰められていく。なんて事を、と怒りがこみ上げてくる。そして黒幕の正体は? となかなか見ごたえのある出来映えだった。後味の悪いオチではあったが、それがネット社会の歪みをよく表している。

そんなわけで脱ぎはしなかったがイ・ユヨンがとてもいい。どこの国にもどうしようもない奴はいるものだが、絶望のどん底から健気に立ち上がる姿に共感する。また彼女とともに事件を追う元刑事役のキム・ヒウォンの三枚目キャラが、陰湿な話に微かな笑いをもたらす。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 勇敢
  • 絶望的
  • 切ない
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ