ここから本文です

マリオネット 私が殺された日 (2017)

MARIONETTE

監督
イ・ハンウク
  • みたいムービー 11
  • みたログ 67

3.10 / 評価:48件

解説

『アトリエの春、昼下がりの裸婦』などのイ・ユヨンが主演を務め、集団レイプ事件の被害者の苦難を描く衝撃作。性犯罪の被害者である主人公が、再び悪夢に見舞われる。イ・ハンウクが監督と脚本を担当し、『名もなき野良犬の輪舞(ロンド)』などのキム・ヒウォンらが共演。性犯罪の残酷さとインターネットで広がる悪意が映し出される。

シネマトゥデイ (外部リンク)

あらすじ

14年前、同級生たちが女子高校生をレイプして動画をインターネットに流すという事件が起こった。人を人とも思わず、人形のように扱う残忍な行為から“マリオネット事件”と呼ばれ、多くの人の脳裏に焼き付く。その影響で、犯人逮捕後も被害者のミナが平穏な人生を送るのは難しく、彼女はソリンと名前を変えていた。

シネマトゥデイ (外部リンク)

本文はここま>
でです このページの先頭へ