ここから本文です

リアム16歳、はじめての学校 (2017)

ADVENTURES IN PUBLIC SCHOOL

監督
カイル・ライドアウト
  • みたいムービー 51
  • みたログ 55

3.52 / 評価:44件

ホーム プライベート パブリック

☆1137

原題<Adventures in Public School>        
2017カナダ
ファンド方式
原題:公立校での冒険 

1.高卒認定試験
2.ビッグバン
3.パブリックスクール
4.アナスタシア
5.延長通学
6.反抗期
7.マリア・サンチェスの死
8.相乗りデート
9.復活ナイト
10.Aを選ぶ男
11.旅立ち


オードリータンが
ホームスクールで一時期不登校だったのは有名
日本の大臣にドロップアウトしたアウトローが
なることは不可能。
(2世なら無能でもそういう事をしてもなれるが
彼みたいな流れで)


ブリティッシュコロンビア

リアム 20歳の高校生

アナスタシア 義足のJK 

マリアサンチェス 留学なのに病欠
BDC(ブライアンデニスチャド) 
アホ しかしアホな女子はアホが好き 
アホなネトウヨはアホな女性が好き
地震だ!と放物線を描いてる時に揺らしてデニムパンツに
世界地図を描く
(安倍元首相はゲリでシーツに日本地図を描いたから
責任放棄し逃げて退いた、日本地図だったから立派かな?
せっかくだからその地図をPRしたら良かった)

「オレより終わってる奴だな?」(カナダからネトウヨ批判)

黒人のロッカーバディー



実は多様性ディバーシティーも背景として描写してる
カナダは知る人ぞ知るLGBTに解放的な国(法性化はしてないが
政府広報など見れば分る)



5秒ルール

ダンスクラスで他の3人が上手い!!


子育てを間違えると国会で118回虚偽答弁をした挙句
責任は秘書が全てを負い私は悪くない
(しかし何かしらの手柄は100%私のお陰)という人間が
育ってしまう事は描いてない。

スクール&ホームコメディだがフランス映画とは全く異なり
教育制度が抱える貧困・社会問題等歪みを描写批判する事は99.99%無いが
カナダ(欧米の一部)の学校制度が垣間見える。
一瞬だけ今のアメリカで増加してるホームスクール・公立拒否を
描写してるのかと思ったが単純に流れだけを見れば逆に
<公立学校の良さを描いてる>

母親とリアムのどちらが<クレージーなのか?>

カナダからネトウヨ批判→コックサッカー

母親も同じ高校の卒業生
高卒認定試験 提出しようとしたら片足が義足の美少女を見つけ
高校に通う為に白紙答案を出す
(試験結果を先に破いて読むクレイジーな母親)

ドアを付けない

気付く人は気付く 
ロッカーの共有者 ロッカーバディ


病欠マリアの代理出席で通う
普通の座学は優れてるがダンスと体育はイマイチ
公民館の予定表か介護施設のカレンダー
(マリアが優秀だと示唆してる)


オータム 隣のJK カタツムリ擁護NPO
オータムの母親は美人(リアムとキスをしてるのをリアムの母親に見られる)

YOU ARE A DIRTY COCKSUCKER(ネトウヨ)
 

校長が笑える

マリアサンチェスが恋人になるのは目に見えてた。
ハッピーエンドという事はネトウヨにとっては嬉しくない
ネトウヨの価値観=
<他人の不幸はウヨの幸福、他人の幸福はウヨの不幸>


カナダの学校を舞台にした映画で
芸術系は仏語圏に多い、学校ではないが
グザヴィエドランが芸術系の典型。
以下の3つは仏語圏の学校を舞台とした映画

<MONSIEUR LAZHAR>

<LA PASSION D’AUGUSTINE >
(内容そのものはフィクションだろうが、歴史的流れ
などは事実に沿ってる”静かなる革命”が齎した影響を
学校を舞台に描く、当時の首相が現在のトルドー首相の父)

<POLYTECHNIQUE>(ただし史実の乱射事件)


~~~~~~~~~~~~
<ANNE OF GREEN GABLE>は
描写の一部に学校が出て当時の学校制度や授業風景など
興味深いシーンも多々あるが、学校そのものを描いてない英語圏映画。
列挙はしないがカナダ映画はこの<Adventures in Public School>みたいな
B級コメディーの宝庫でハリウッドのB級コメディとは違った良さがある
(敢て例えるならジャックブラックのコメディーの雰囲気で当然人によって
好き嫌いが分かれる)

面白かったが特筆するほどでもないし強いメッセージも
無かった気がして大したレビューを書いてなかったため
文字数制限に関係なく書けるので説明できる時にしておく。

1/メモのオンライン保存が目的でレビューをUPしてるので
 起承転結・論理性など考慮しない(だから読みにくい)

2/読んでる人が分からないだろう用語解説もしない。
(映画の内容描写でシーンに込められたメッセージや
意味もするだけ無駄なヤフーレビューワーが多数だから
そういうシーンがあったとは書くが解説しない)

3/文字数制限回避の為に句読点を省略する事が多い

4/ネトウヨに関し客観的事実を序に書く場合もある
 ネトウヨには不愉快だろうが不愉快ならネトウヨだと
 認める事になり現実社会では嫌悪されてる事を自覚すべきと思う。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 笑える
  • 楽しい
  • セクシー
  • コミカル
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ