ここから本文です

幸福なラザロ (2018)

LAZZARO FELICE/HAPPY AS LAZZARO

監督
アリーチェ・ロルヴァケル
  • みたいムービー 111
  • みたログ 132

3.62 / 評価:99件

尽くすことによる幸せ、真の幸福とは何か?

千葉劇場で映画『幸福なラザロ』観ました。
渓谷で外から隔離された村、インヴォラータ村。
村人は領主であるデルーナ侯爵夫人(ニコレッタブラスキ)に強制労働させられていた。
そんな村人の中で働き者の若い農夫がいた。彼の名前はラザロ(アドリアーノタルディオーロ)。彼はお人好しのことをいいことに村人から仕事を押し付けられていた。
そんな中侯爵夫人の息子タンクレディ(ルカチコヴァーニ)が町からやってくる。
村人の搾取される現状を知り自作自演の誘拐事件を企てて世間に村の状況が知れ渡り村人は住み慣れた村から出ることになるがラザロだけは…。という物語。
ラザロは侯爵夫人の息子のタンクレディと馬があい兄弟の契りを交わし忠誠を誓います。
尽くすことによる幸せ。
最後は衝撃的でしたが、服装、年齢、出生からしてやはりラザロは聖人だったのでしょうか。
真の幸福とは何か考えさせられる映画でした。

#千葉劇場 #幸福なラザロ #イタリア #バチカン市国 #イタリア映画 #キリスト教 #聖人 #奇跡 #カンヌ国際映画祭 #搾取 #強制労働 #マーティンスコセッシ #タバコ #煙草の葉 #お人好し

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 泣ける
  • 悲しい
  • 勇敢
  • 知的
  • 絶望的
  • 切ない
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ