レビュー一覧に戻る
ヘイト・ユー・ギブ
2019年3月13日公開

ヘイト・ユー・ギブ

THE HATE U GIVE

1332019年3月13日公開

has********

3.0

ネタバレ反差別は良いが

☆1031 原題< THE HATE U GIVE    > 邦題「 ザへイトユーギブ    」 原題の意味が分からなかったが 劇中台詞 歌手の歌詞から (子供に)<与える憎しみ> サグライフ THUG LIFE 実際の出来事 彼女も恵まれている方 もちろん良い意味 黒人差別  子供たちに与える憎しみが 大人になって牙をむく PISSED OFF 職質の際に警官の指示を守らずに ヘアブラシを武器と間違えられ 元彼が射殺される カリル 休職扱い 被害者が批判されるのは 日本と同じ 彼女の彼氏すら無視 スター 主役 100%警官が悪い しかし銃を持ち警告されて 警官は黒人を敵視してるのだから そういう事を軽く見ては身の為にならない 自分は例外ではなく自分も同じ目に会うと 危機意識を持つ 努力できない黒人を知り 黒人の置かれた背景を理解し 貧困から抜け出せない現実を見るべき KING役の俳優は好きだ ケニアの父親 葬儀 警官が逮捕されないと決まり 黒人が激怒し抗議デモ (何時もの白人の汚さ 警官は基本的に逮捕起訴されない 基本的に左遷され最終的には 辞職するが刑務所よりは恵まれてる) 大陪審 起訴するかしないか決める 弁護士オフラ 高校生であんなデモをする 行動力は認める 高校の授業が中止になったときに スターが変な正義感を持ち 周囲に何も話さないのは間違え 知らないフリをする カリルの母親が薬物中毒で 祖母がガンで売人にならざるを得ない TV取材に応じ元締めの名前を出す KINGが脅迫しにくる パトカーが来てKINGが逃げ 父親が拘束されそうになるが スマホでその現場を録画し 解放される。 警官にも差別意識があるのは 皆知ってる 白人の同級生ヘイリーと仲違いする ウィリアムソン高校 プロム アメリカの学校と言えばプロム 隠していたのがバレる 拗らせすぎ 素直になれ 屁理屈のこきすぎ 白人の友人の家と スターの家 彼女は黒人として恵まれてるが 白人とは歴然とした差がある・・・ 白人の彼氏 クリス 運転手と勘違いする父親 コメディーだな しかし白人がボーイフレンドと知り 怒る父親 大陪審で証言する(陪審員付き 殆どが白人で例外的に黒人も この人種構成は重要) 彼女は怒る方向を間違えてる 友達に八つ当たりすべきではない ヘイリーが鈍感でも 偽善者でも 未だマシ INDICT 警官が不起訴になりデモが警官隊と 衝突寸前になるところでスターが 演説するが警官には無効で ノンリーサルウェポンを撃たれる事態 アメリカの酷いとこで尊敬できない 数少ない部分 コード150266違反 あれが白人の集会だったら あそこまで警官も実力行使しなかったかも (黒人が昼間に黙って行進する程度なら) 催涙弾には牛乳が有効だったのか・・・・ 助けに来た車にのって父親の店に行くと KINGが待ち伏せ同然で店を見張っていた 放火され一瞬逃げ場を失うが 父親が助けに来て助かるが キングと衝突しそうになり セカニ(末っ子)が銃を向ける そこへ警官が来て威嚇され 緊迫するがハンズアップで 無事にその場は治まる 子供に与える憎しみが全てを蝕む キングは放火罪で逮捕され みな証言をする 自業自得 彼女が差別撤廃をリードしたり 学校や社会を変えたと思った 作品だったのに・・・・・ 彼女なりに努力はしたが 普通の流れで特別優れた功績を 残したわけではない、前者を期待して いたのでその辺は残念。 彼女なりに悲しみを乗り越えた そのことを描いてる。 毎回思うのですが、 ヤフー映画内検索時に ドット一文字でも異なると その映画は存在しない。 しかし英語表記の日本語タイトルなら 含まれてない無関係な映画まで反映され 探せない、この映画みたいに 原題邦題が異なると原題を 見ることが多く ザ の有無で 探せないとか検索がやりにくい。

閲覧数1,324