レビュー一覧に戻る
ヘイト・ユー・ギブ
2019年3月13日公開

ヘイト・ユー・ギブ

THE HATE U GIVE

1332019年3月13日公開

jts********

5.0

人種差別とは何か

アマンドラ・ステンバーグさんを目当てにブルーレイで観賞しました。彼女の出演作の中では脚本がしっかりした一番良い作品だと思います。  現在のアメリカにおける人種差別の現実を描いた、リアリティのある物語と演出が秀逸です。過度にバイオレンスなシーン、ウエットなシーンは無いのにヒリヒリする様な緊迫感、主人公の哀しみと怒りが静かに伝わってきます。冒頭で父親が子供達に警官への対応の仕方を教えるシーンが本当にリアルです。日本では考えられないやり取りが衝撃的で一気に物語に引き込まれていきます。  差別や悪意は眼に見えず、意識的には存在しない。黒人が白人社会で生きていく為に必要な事は何か?日本人が知らない現実をこの作品は教えてくれます。本編がやや長いのですが、ぜひ特典映像の出演者インタビューも合わせてご覧下さい。  硬派な作品では有りますが、アマンドラ・ステンバーグさんの魅力も十分です。ハイスクールの制服やプロムでのドレスもキュートで可愛らしく、次回作が楽しみです。なぜ日本では劇場未公開なのか?理解に苦しみます。

閲覧数886