2019年3月22日公開

アンノウン・ボディーズ

HET TWEEDE GELAAT/CONTROL

1222019年3月22日公開
アンノウン・ボディーズ
2.9

/ 64

9%
14%
41%
27%
9%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

首のない全裸の女性6人の死体が同時に発見され、ベテラン刑事のフレディとその上司のフィンケが捜査を担当することになる。遺体はいずれも血が抜かれ指紋は焼かれていたが、それぞれの身元を特定することに成功。しかし、彼女たちが失踪した時期と場所、職業や容姿に共通点が全くなく捜査は行き詰まる。

シネマトゥデイ(外部リンク)

本編配信

スマートフォンご利用の方はアプリから視聴できます。

予告編・動画

作品レビュー(20件)

不気味14.6%絶望的12.2%セクシー9.8%切ない9.8%勇敢7.3%

  • yms********

    2.0

    時間の無駄

    最初が面白そうだったので 一生懸命観てたけど・・・ 途中 犯人わかっちゃったし 動機も何もわからないまま終わって とても残念

  • ain********

    1.0

    動機なし

    ただどんでん返しを狙ったのはいいが肝心の女性医師の犯行動機はまったく わからず終了 途中まで良かっただけに残念

  • aii********

    2.0

    映画というよりアメリカのドラマみたい

    1度に6体の女性の首なし遺体が見つかるり、その犯人探しの話。 警察同士で反発しあったり、精神科医やその患者が出てきたりとキャラが立つんだが、そこから想像できるストーリーで特に驚きもない。 犯人の動機も良く分からんしなんだかなーの作品。

  • d

    2.0

    2時間ドラマの方がまだ優秀

    頭部がない若い女性の死体が一挙に6体発見! このオープニングが面白そうなので鑑賞したが、シリアルキラー作品としても警察系ミステリーとしても質が悪すぎる。 さて、なぜ犯人は被害者たちの髪を赤く染めたのか?頭部を切断する理由は? 全く触れられずに終了。多くのシリアルキラー作品は、なぜその様な犯行を行うのかという点を心理面から触れることがほとんどであるが、本作にはその謎がほとんど解明されずに終わってしまう。犯人が何をしたかったのか?、異常な行動の動機は?、多くの人が知りたいであろうことがわからずに終わることが残念であった。 犯人の動機がわからずに終わる作品も多くあり、面白いものもあるが、それは作品のストーリー展開やミステリー部分に人を引き込む魅力があるからである。本作はストーリーも平凡、謎解きのための伏線やミスリードもほとんどないため、観ているこちらはただ傍観しているだけ。傍観しているだけなので心拍数も上がらず、ドキドキハラハラもしない。正直、まだ日本の2時間サスペンスの方が、ありきたりながらストーリー構成も謎の設定も上手だと思う。 コメディやアクション作品なら全然良いが、シリアスな雰囲気の作品で非人道的な違法捜査や恐喝をしまくり、プロファイリングなどの操作を馬鹿にする様な主人公は簡単に報われないで欲しいのが私の本音。なので本作の主人公がサクッと本人に何もなく解決したら最悪だったが、ちゃんと報いを受けたのでそこは良かった。 1番気になったのは、死体の頭部についていた虫。あれミルワームじゃない? 腐敗した死体にミルワーム湧くかな?ウジが用意できなかったのかな? ウジ用意できなかったから適当な虫でいいや、という製作陣な気がしてならない。残念。

  • つとみ

    2.0

    サイコパス的な要素はなかったとも言える

    面白く観た。面白く観たけど凄く物足りなくイマイチでもあった。 色々なことが起こるのだが、どことなく一本調子で絡み合う複雑さのようなものを全く感じなかったのは、容疑者とされている人物がことごとく怪しくないせいだと思う。 なんとなく怪しいからアイツが犯人だ!みたいなフワフワした感じだけで、観ている私たちに対して犯人かもしれないと思わせる場面がなかったよね。 これは推測だけど、原作は十人以上いる容疑者候補が全員怪しく、それが一人づつ減っていき、犯人が絞られていく、それと同時にフレディとリナのロマンスが展開し、サイコ殺人鬼とリナの間で精神攻撃の沼にハマっていく刑事って感じのサスペンスなんだと思う。 容疑者を一人一人丁寧に、プロファイルも絡めてどいつもこいつも怪しいぞと思わせるのは必須だったんじゃないかな。 つまり、大筋のストーリーを映画の枠に納めるために本来の面白い部分を削ったのではないかと思う。 サイコパス事件でプロファイラーまで登場するのに、動機、手口、犯人のトラウマ、何もないんだもの。多分、全部切ったのだろう。 極端な話、ほとんど捜査だってしてないんだもの。 6人の首なし死体っていう言葉から連想するようなサスペンスを期待せずに、やんちゃしまくるはみ出し刑事と、それに振り回される上司の、ヒューマンドラマ寄りの刑事ドラマだとみれば、まあまあ悪くはないんだけどね。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


基本情報


タイトル
アンノウン・ボディーズ

原題
HET TWEEDE GELAAT/CONTROL

上映時間

製作国
ベルギー

製作年度

公開日