ここから本文です

影踏み (2018)

監督
篠原哲雄
  • みたいムービー 137
  • みたログ 334

3.29 / 評価:276件

解説

『64-ロクヨン-』シリーズなどの原作者・横山秀夫の小説を、『月とキャベツ』で組んだ篠原哲雄監督とミュージシャンの山崎まさよし主演で映画化するドラマ。夜に盗みを働く主人公が、さまざまな事件に関わりながら生きる姿を描く。主題歌を主演の山崎が担当し、プロデューサーに谷口正晃監督作『時をかける少女』などの松岡周作が名を連ねる。

シネマトゥデイ (外部リンク)

あらすじ

深夜に忍び込んで物を盗む「ノビ師」の真壁修一(山崎まさよし)は、ある日忍び込んだ先で偶然遭遇した事件をきっかけに逮捕されてしまう。2年後、刑期を終え出所した修一は、相棒の啓二(北村匠海)と共に事件の真相を求め行動を開始する。

シネマトゥデイ (外部リンク)

本文はここま>
でです このページの先頭へ