ここから本文です

上映中

おいしい家族 (2019)

監督
ふくだももこ
  • みたいムービー 69
  • みたログ 82

3.06 / 評価:65件

邦画が失敗する典型例

  • やんすけ さん
  • 2019年9月24日 9時36分
  • 閲覧数 587
  • 役立ち度 7
    • 総合評価
    • ★★★★★

実家に帰ったらお父さんがお母さんに変わっていたお話。

ジェンダーものですが本質は家族ドラマですか…ね。ただ「ジェンダー」にしろ「家族」にしろ表現が薄っぺらくて不完全な作品に感じました。変わったこと(もしくはインパクト)がないと映画の売りにできないかもしれませんが、ただただ変わったことをやればいいという訳ではないと思う。あれもやろうこれもやろうとして、全部が中途半端になっちゃう邦画にありがちな失敗作の典型例。なので同タイプの『彼らが本気で編むときは』や『メゾン・ド・ヒミコ』なんかに比べるとだいぶ落ちます。

主人公(長女)の目線が一人称のベースになっていますが、最初は拒絶していた家族状況を、数分後のシーンではすでに受け入れている部分にまずは違和感。あと板尾さんあたりは「いま何のシーンを撮っているんだろう…」という躊躇が演技に出てしまっていますね。ラストの海岸線のシーンでむりやり帳尻を合わせていますが、編集を含めて未完成のままで上映日を迎えてしまったのかなと思ってしまうくらいの出来です。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • コミカル
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ