ここから本文です

上映中

おいしい家族 (2019)

監督
ふくだももこ
  • みたいムービー 75
  • みたログ 72

3.10 / 評価:58件

ロケ地の海に会いに行きたくなる。

  • とみいじょん さん
  • 2019年8月1日 15時20分
  • 閲覧数 478
  • 役立ち度 6
    • 総合評価
    • ★★★★★

監督の想いがいっぱい詰まった映画。
設定・テーマはとてもいい。だからこそ、もっと練り上げて欲しかった。もったいない。

タイトルの”おいしい”。どんな思いを込めたのだろうか。
 味の記憶の共有は家族ならでは。
 だからこそ 食事がキーワードの一つになっているのだと思うのだが、
 ちっともおいしそうに感じられない。
 一番の原因は食べ方。躾が行き届かない家庭に育った設定ではなかろうに。
 (しばらくぶりに食べる飯にがっつくシーンは、やはり『幸福の黄色いハンカチ』の島がダントツ。高倉氏の演技にかける思い、そこまでできる俳優の存在が稀有ということか)

彼らに比べると、
 スリランカ?からの嫁の、スリランカ飯の食べ方の美味しそうなこと、
 そして板尾さん演じる父も、食べ物を愛おしそうに召し上がる。

そして、イセエビ等料理が画面に出てくるが、他の飯テロ映画(『かもめ食堂』『深夜食堂』等)に比べて、料理はおいしそうなのだが、画面が冷めきっておいしそうに見えない。
 試写会場でのアンケートには、この映画との比較として『かもめ食堂』も挙がっていたから、狙っている方向の一つであると思うのだが。
 エンディングのスタッフロールをチェックすれば、フードコーディネーターの名前がない(見落とした?)。
 食事をキーワードの一つにもってきてはいるものの、雰囲気だけで、頭で考えるだけで、”食事”と言うものに本気で向き合うことなく、映画を作ってしまったのだなということが露呈する。
 ”(笑)”をとる方向 もしくは やさぐれ感を表現しているつもりなんだろうけれど、げんなり。
 ”食べ物もしくは食事がつなぐもの”にもっと向き合っていただきたかった。



映画が終わった後には監督が登壇。
 想いはわかるけれど、若くて勢いがあるのはほほえましいが、客観視できていない。
 原作となった短編映画は未見。
 文学賞受賞された方と聞いたけれど、映画は推敲しなかったのか。”編集”者の良いアドバイスはなかったのか。


夫が亡き妻の服を着る(ただの女装ではない)。
 その想いを突き詰めるだけでも”家族”を見つめる傑作になったろうに。

”家族”についても、言いたいことはわかるんだけれど…。
 パートナーに和生を選んだ理由が描けていないから、説得力がない。なぜ、”同居人”や”養子”なのではなく”夫”なのかが見えてこない。
 人生の道連れは誰でもいいわけじゃないことを描くために、橙花の設定をああいう風にしたのだと思ったのだが。
 「かあさん」になりたい気持ちは、板尾氏のささいなふるまいだけでもあふれてくるように伝わってくる。だからそこをもっと練り上げて描いて欲しかった。


そしてもう一つのキーワード”魔法”を突き詰めるだけでも傑作になったろうに。


二兎を追う者(監督の話を加味すると、三兎を追う者か)、一兎も得ず。
 ”家族”も”魔法”も、橙花にとって、”母”につながる思いらしいのだが、それが分離しちゃった話の展開になってしまったので、勢いだけはあるが雰囲気だけで薄っぺらくなってしまった。


絵的にも、構図とか、役者の背の高さとかも一つの構成要素だと思うのだけれど、チャンプルーを表現するためにわざとこの役者たちを選んだのか?と思いたい反面、会社やスポンサー・予算の関係?とも思えてくる。それくらいに、この役者たちのアンサンブルが、リズムが、かみ合っていない。

多文化共生。いろいろな生き方。チャンプルー。大切なテーマだからこそ、もっと丁寧に描いて欲しかった。

笑いのツボがあわなかったのも、低評価の一因。
合う方は、はまるのかもしれないが。



板尾氏の出演作であり、設定に興味を持って、試写会応募。7/8鑑賞。
ああ。

それでも
ロケ地の海は美しく、あの風景に会いに行きたくなった。

JKを演じた方は、演技力はどうよと思うが、小松菜奈さんを始めて観た時の印象を思い出した。『装苑』のモデルさんなのね。
 最初の登場シーンは、ただ歩いているだけで、これからどんな話が始まるんだろうとドキドキする。こういう方っていらっしゃるのね。

そして何より、板尾氏。
 みんなの幸せを願う生き様は、その佇まい、台詞の言い回しにもにじみ出ていた。
 笑いを誘うのだけれど、この安定感。この映画の日差しに溶け込んでいるのだけれど、大木のように支えてくれている存在感がにじみ出てくる。しかも木漏れ陽の心地よさすら感じさせる。


何度も繰り返してしまうが、とても良いテーマなのに勿体ない。
鑑賞した方が、このキーワード・設定で作り直してくれないかな。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ