2019年5月31日公開

長いお別れ

1272019年5月31日公開
長いお別れ
3.8

/ 906

24%
44%
23%
4%
5%
作品情報上映スケジュールレビュー

作品レビュー(153件)


  • duk********

    3.0

    さらりと観られるが

    ありきたりのストーリーです。 認知症と向き合う家族のふれあいを進行度合いを時間軸を使って最後までいきます。介護のシーンはもっと大変そうな気がしますがさらりとしています。わざとそうしているのかな。辛気臭くないです。どちらかというと明るいく見られます。 お父さんが家族とどのように接していたのか。そして家族がどう感じていたのかわかってほのぼのします。ここがメインテーマなのかなと思いました。素直な自立した女性3人、そんな風に感じました。 娘2人を含めた三家族が同時進行の展開です。 時間の関係上それぞれが深く入れないのは仕方ないか…。あまりポロポロはこなかったです。 最後のシーンは無理やり感がありちょっとよくわからないです。 ところで竹内結子さん、ありがとうございます。お綺麗です。可愛いところあり、子育てに悩む母親を見事に演じ切っていました。そのせいかわかりませんがご自身を重ねている感じがして複雑な気持ちとなりました。フィルムのなかではいつまでも輝いています。 トータルで星三つ。

  • gla********

    3.0

    素敵な家族

    家族それぞれが離れていながらも思いを馳せ、懸命に助け合う姿は素敵だと思った。心が温まり、ほっこりできる物語。 家族ってこうありたいなと思いながらも、現実は…と考えてしまうところがあかんので、しばらく余韻に浸ることとしよう。

  • たーちゃん

    3.0

    ネタバレこの頃ね、いろんなことが遠いんだよ

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • arl********

    3.0

    長いさよなら

    アメリカでは認知症のことを「Long Goodbye」というのだというシーンがある。長い時間をかけてだんだんと忘れて遠くに行くから。それで「長いお別れ」という題名になったようだ。確かにチャンドラーの「Long Goodbye」という小説の翻訳は「長いお別れ」という邦題なんだけどさ、この映画の場合は日本語としては「長いさよなら」みたいな、「お別れのシーンが長い」ことを意味する訳語の方がピタリとくるんじゃないのかなあ。「長いお別れ」って別れて_から_の時間が長いような印象ありませんか?私だけ? 芙美が母親(優子)に「今怒った顔してるでしょ」といったとき優子が「ご想像にお任せします」というやり取りが好きでした。 優子役の松原智恵子は昔から大して好きな女優ではなかったですが、とても若々しい素敵な声でした。そこのところは見直しました。

  • なつ

    2.0

    2021.10.14

    素敵な家族。

  • ☆希望の星☆

    3.0

    理想的なお別れ

    老いは避けられないしどう向かい合うか 映画を観ながら考えた 以前 入院中にお婆さんの多い病棟で (私もその一人) 歩いている姿にも人生がにじみ出ると思ったことがある 今作の山崎努演じる老人の歩く姿も本を読む様も 長い人生を凝縮しているように思った 役者の演じる役とはいえ 役柄との距離はさほど遠くないのではないか 共感を持って 丁寧に演じている 優しくていい映画 邦画にもたまには良い

  • ヨーグルト

    2.0

    ネタバレ松原千恵子さんが素敵です

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • たわし

    4.0

    こんなん泣くって

    親が高齢の人は見たら絶対うるうるくると思う。 しかも竹内結子さんが出てるから余計泣く。

  • 柚子

    3.0

    認知症に向き合う

    家族って、いいなぁ…と思う人と、家族って、重いって思う人と、評価分かれそう 祖母が認知症だったから、その大変さは理解できるが、うちは限界が来て施設に入所してもらった 家族だからと言って、何がなんでも自分たちが頑張らなくてはと思わなくてもいいと思うが、本作のご家族の愛情深さには、感心するばかり どう育てられたかにもよるが、私には無理だなぁと思ったり… 松原智恵子さんが、印象的 お年を召されても、可愛いなぁ…

  • fgd********

    3.0

    序盤までは

    原作は読んでません。 序盤までは、「お、よさそうな映画に出会えた?」て思ったのだけれど、だんだんに垣間見える薄っぺらさに違和感を感じ始めて、、 調べてみると、、 あの世にも恐ろしい「湯を沸かすほどの熱い愛」の監督ときて、、 がっくりきてしまった、、 そのあとは予想通りというか、どこかファンタジスティックなのですよね。 あと子供の扱いが下手じゃないですか? 前回のいじめ問題といい、今回の不登校問題といい。 え?で?まさかこれで一件落着!じゃないよね?!て笑 だけど、大きな山も谷もない映画もたまにはいいか、とも思えたし 音楽も耳に心地よかったし 何よりこの監督の映画って役者が満点なんですよね。 「湯を沸かす〜」からは少し進歩している気がしたので星3つ!(←何様 笑)

  • kkk********

    4.0

    長いお別れは大変です

    認知症の父を持った家族、孫は、自分たちの事も大変なのに良く最後まで面倒を見ました。 結子ちゃんはもういないし、優ちゃんは結婚した現実を懐かしみながら、松原智恵子のほのぼのとした演技、山崎努の上手い演技に感服です。音楽も良い。 お薦めの作品です。

  • yuj********

    2.0

    変だなと思ったらまたこの監督かよ

    山崎努が出ている映画が見たくて探したらこれがヒットして、4人家族役の名演が素晴らしかった。けど、何か腑に落ちない面白くなさがあると思えば「湯を沸かすほどの熱い愛」の監督でガッカリと納得の両方。「え?」「そうなるか?」「変じゃない?」の連発。 監督とか全然こだわりなかったけれど、こいつだけは避けようと思った名品。山崎努は伊丹十三なみの天才。この人が自分で監督やればいいのに。

  • s**

    3.0

    ネタバレラストに向けての無理やり大団円が微妙

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • pip********

    4.0

    ネタバレ紛れもない現実

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • ain********

    4.0

    誰にでも起こる話し

    山崎勉がやはり良かった。 どこまでも自然の演技で認知症の人を見事に演じてました。

  • drm********

    2.0

    ネタバレ所々に

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • ynb********

    3.0

    漢字マスター

    竹内結子さんがテレビ電話で「お父さんとお母さんみたいになりたかった」と泣くシーンは胸がギュっとなった・・ 山崎努さん、傘を3本持って思い出の遊園地を歩くシーン良かったです! 最後まで家族から愛され、リスペクトされた男の物語でもありましたね。

  • ほうちのひと

    5.0

    ネタバレいずれ訪れるであろう父親の病気と介護

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • ide********

    3.0

    山崎努すげえ

    たまたまAmazonのおすすめ的なやつにあがってて、湯を沸かすも結構よかったし、浅田家も気になってたしと思って見てみた。 わたしには認知症の祖母がいる。 だから、他人事ではなく、なんかなんとなく見た割には真剣に見た。 そして、この頃は蒼井優は山ちゃんと結婚してなかったのかなとか、竹内結子は生きていたんだとか、なんで死んじゃったのかなとかそう言うことも気になりながらみたんだけど、 山崎努の演技が凄くて、本物の認知症の人に見えた。 山崎努について、考えれないくらいに自然だった。 だからこの映画が成り立ってた。 あの温厚なお母さんここでは怒らんやろ、 とか、 お父さんの怪我の足じゃない方でも引っ張ったらあかんやろ。 とか、 そんだけ住んでたらならもっと発音上手いやろ。 とか 色々思いを巡らせながら見たけど、 電車の中で、 お母さんに、両親に会って欲しいと昔の自分に戻ってしまった山崎努が言うところで、それを はい って言うお母さんのところで、 涙が溢れてしまった。 この監督の多分書きたい愛的なものがそこだけで溢れてしまったから。 だから、この映画は良かったと思う。 認知症の事を長いお別れって言うんだな、 なかなか会えてない祖母だけど、長いお別れの途中、ちゃんと会いに行こう。

  • snt********

    3.0

    ネタバレえ?っラ、ラスト?

    このレビューにはネタバレが含まれています。
1 ページ/8 ページ中