ここから本文です

宮本から君へ (2019)

監督
真利子哲也
  • みたいムービー 240
  • みたログ 704

3.70 / 評価:586件

宮本から俺へ

  • movie78 さん
  • 2020年8月1日 1時51分
  • 閲覧数 2254
  • 役立ち度 6
    • 総合評価
    • ★★★★★

原作を漫画で一気に読み、2度は読み返せないなとお腹いっぱいになって遠のいてたストーリーを再び映画で観る…

もう終始予想できる展開にハラハラドキドキ(ストーリーを知ってるだけに)なんだけど、それ以上に本当に原作通りに進むのか?という疑問もありながら、宮本と同じように顔を歪めながらあっという間の2時間鑑賞。

凄まじい役者魂。

鬼気迫る役のぶつかり合い。

映画なのに劇場のような、その場に自分も居合わせてる?くらい観ている人を持っていく熱量。


ぶつかってぶつかってぶつかりまくってそれでも現実はどうにもならなくて、

悔しくてどうにもならない場面に自分の考えを変えるか、無かったことにするのか、そのままずるずると不可抗力の思い出として記憶を薄れさせていくのか。


そんな宮本の行動と
力が足りなくて人の目ばかり気にして仕事も恋愛も全然うまくいってない、あの自分勝手な気持ちだけで突き進んでた超絶若かった自分を重ねながら

「お前の顔しか思い浮かんでこねえんだよおおおっ、、、」

あれは泣いた。。。
原作知ってるのに涙こぼれた笑


いや、別に同じことをされたんじゃないんだけど笑
もうあの漫画の宮本だー!ってテンション上がりながら気持ちが半端なく入り込んできたマイベスト名シーンでした。


あとあげるとキリがないけど…

やすこの感情の上げ下げの幅広さと、しおらしさやちょっとしたしぐさとか(めちゃくちゃ可愛いまじで)

初めてのSEXをした後の朝方そのままの机の上の感じとか

電話BOX内のカップルに感化されて恥ずかしながらも路上キスして追いかけあう昭和チックな場面とか

そんな後にくる悪魔的な展開後の2人の鬼の表情の変化と、暴言と涙と、どうしようもなくて根拠のない言葉を使って宮本がやすこを抱きしめる力強さとかそれを抱きしめ返す?やすこの手の感じとか

そんなキリがないくらいなんか心にグッとくる場面が多い、漫画に決して負けない映画です。


本当に最高だった!

そしていつか宮本から君へを知ってる人と飲む時に「おとがめなし!」の溢れる乾杯やりたい笑

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 泣ける
  • 勇敢
  • 絶望的
  • 切ない
  • かっこいい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ