2019年5月10日公開

RBG 最強の85才

RBG

982019年5月10日公開
RBG 最強の85才
4.2

/ 166

49%
30%
17%
2%
2%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

1933年、ルース・ベイダー・ギンズバーグはニューヨークのブルックリンで生まれ、まだ大学に女性が少なかった時代にコーネル大学を卒業する。その後紆余(うよ)曲折を経て1993年、ビル・クリントン大統領から最高裁判所の判事に任命される。80歳を超えてなお判事として勤務し、人々からRBGと呼ばれるギンズバーグを追った。

シネマトゥデイ(外部リンク)

本編配信

スマートフォンご利用の方はアプリから視聴できます。

予告編・動画

作品レビュー(29件)

知的22.2%かっこいい18.5%勇敢16.0%泣ける6.2%かわいい6.2%

  • sou********

    4.0

    法に心と情熱を注ぎ込む女性解放の法律家!

    憲法に命を吹き込む自由の精神は、この偉大な国を形成する男女の心の中にある。社会は小さな声にも、大きな声と同じくらい耳を傾けなければならない。 ラーニド・ハンド判事の言葉を引用して、RBGはスピーチをした。 そして、この言葉を心に刻んで判事の職務を全うします、と付け加える。 このコロナ禍の中で、胸に沁みるスピーチだった。 85歳でジムに行きプランク! 判事の仕事を全うするバイタリティと、法に携わる仕事に衰えぬ情熱を捧げる彼女に驚かされる。 女性解放運動に携わり、男女不平等の法律を切り崩して行った功績は、人権活動家としてキング牧師と同じ様に偉大だろう。 このドキュメンタリーを観なければ、知らなかった事だらけ。 アメリカ軍は男女で住宅手当の差があった。 育児休暇の手当は男性には与えられなかった。 弁護士時代に、そんな部分から法律の男女格差問題に挑み、法律を変える動きに寄与。男女格差の法律を次々に切り崩し、女性の社会進出を促していったそうだ。 当たり前だと思っていた常識が、ただの既得権益だったりする。女性の能力が劣ると決めたのは、教育が施されて来なかったからだと、今では常識だろう。 身体的機能に於いて、適応し易い物事は確かにある。 大男が高い物を取れる代わりに、小さな女性は狭い場所に落ちた物が拾えるように。 だが、智恵や道具があって、効率よく同じ事が出来るようになれば、別にどっちがやっても構わない話だ。 今、社会はLGBTの人権問題のステージを迎えた。 RBGのような精神で社会が機能するならば、社会としての素敵な折り合い、モアベターが生まれると思うのだ。 誰かが、ただ普通に生きたいけれどままならない。そんな小さな声を聞かずして平等は目指せない。 平等なんか無理?それは、出来る出来ないの問題だけでなく、理想を目指す理念の問題だと思う。 多種多様の世界にベストを目指せば、社会は一部だけの物になる。そう信じて、「他人の意見にも良い部分はある」を肝に生きていきたい。 RBGのおかげで、より強く確信したよ! 最後に、この偉大な女性を助けた旦那さんが素晴らしいと付け加えねば。 男女不平等の時代に出逢い結婚。彼女の知性に尊敬を抱き、同じ法律家として共に人生を歩んだ人。最も小さな社会である家族の中に、愛という柱があってこそ、揺らぐことのない信念が貫けた様に感じた。素晴らしい夫婦の物語も、このドキュメンタリーの一部だろう。

  • twi********

    5.0

    尊敬に値する方

    同じ人でありながら どうしてこうまで人生を全うできるのかと思う 自覚なく天然なところも憎めない 夫のマーティン・ギンズバーグとの関係も羨ましく微笑ましい 子供たち孫たちも自然体で彼女を愛してそう 彼女の業績を見ながら生きてきた人なら 尚 この映画を素晴らしいと思うのだろう 人である限り完全ではありえないから 彼女のすべてが正しいわけではないだろうが 彼女 彼女の生き方 人生は尊敬に値する この映画の2年後87歳で彼女は旅立った 2010年に亡くなったマーティンと 再び一緒に過ごしているのだろう ラッパーのノトーリアス・B.I.G.をもじった notorious R.B.G. 悪名高きRBG ルース・ベイダー・ギンズバーグ RBG? RGB? 迷った時には  ダース・ベイダー・ギンズバーグで思い出そう とんでもないスーパーウーマンの ドキュメンタリー映画 直球で元気をもらいたい時に良い映画です

  • rsg********

    5.0

    ダースベイダー RBG ニューヨーク

    ポスト で検索してみて♪。 マーティン・ギンズバーグ氏にも感心するばかりだ。

  • Cinemalove

    5.0

    しなやかで美しい最強の女性

    なんて素晴らしい女性でしょうか。 ビリーヴを見て知ってはいましたが、当ドキュメンタリーの方が好きでした。 なんと強く賢い女性でしょう。 今日我々があるのは彼女のおかげであると言っても過言ではない。 他国のこととはいえ先進国の革命を率い、他国に影響を与えてきたアメリカ。女性の権利、自由を約束される社会の礎を築いたといえますね。 旦那様も素晴らしい。なんと懐の大きな方。彼の手紙には泣けました。 一度でいいからお会いしたかったな。 2人亡き世の中、これからは私たちが世の中を変えなきゃいけない。 しかし、我が国、いないですね、こういう方。 我が国のサラリーマンおじさんや政治家に見せてあげたいと思いました。変わらぬ我が国の性差別を思うと恥ずかしくなりました。 女のお子さんがいる方は是非お子さんにも見せてあげてください。

  • ain********

    3.0

    世界の半分は女性

    男性優位の考え方は、人類生まれてからの役割分担での歴史で必然的な物。 ただ時代が変わり、男女間の役割分担が崩れ、頭脳に大差ないのであれば、機会の平等が自然の流れ。 国によってタイミングは違うが、アメリカがこの時代最先端だったように、立ち向かう人も先駆者と言われ、キング牧師もその一人。 同じような功績、評価の持ち主という事が理解できました。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


基本情報


タイトル
RBG 最強の85才

原題
RBG

上映時間

製作国
アメリカ

製作年度

公開日