2019年5月10日公開

RBG 最強の85才

RBG

982019年5月10日公開
RBG 最強の85才
4.2

/ 166

49%
30%
17%
2%
2%
作品情報上映スケジュールレビュー

作品レビュー(29件)


  • sou********

    4.0

    法に心と情熱を注ぎ込む女性解放の法律家!

    憲法に命を吹き込む自由の精神は、この偉大な国を形成する男女の心の中にある。社会は小さな声にも、大きな声と同じくらい耳を傾けなければならない。 ラーニド・ハンド判事の言葉を引用して、RBGはスピーチをした。 そして、この言葉を心に刻んで判事の職務を全うします、と付け加える。 このコロナ禍の中で、胸に沁みるスピーチだった。 85歳でジムに行きプランク! 判事の仕事を全うするバイタリティと、法に携わる仕事に衰えぬ情熱を捧げる彼女に驚かされる。 女性解放運動に携わり、男女不平等の法律を切り崩して行った功績は、人権活動家としてキング牧師と同じ様に偉大だろう。 このドキュメンタリーを観なければ、知らなかった事だらけ。 アメリカ軍は男女で住宅手当の差があった。 育児休暇の手当は男性には与えられなかった。 弁護士時代に、そんな部分から法律の男女格差問題に挑み、法律を変える動きに寄与。男女格差の法律を次々に切り崩し、女性の社会進出を促していったそうだ。 当たり前だと思っていた常識が、ただの既得権益だったりする。女性の能力が劣ると決めたのは、教育が施されて来なかったからだと、今では常識だろう。 身体的機能に於いて、適応し易い物事は確かにある。 大男が高い物を取れる代わりに、小さな女性は狭い場所に落ちた物が拾えるように。 だが、智恵や道具があって、効率よく同じ事が出来るようになれば、別にどっちがやっても構わない話だ。 今、社会はLGBTの人権問題のステージを迎えた。 RBGのような精神で社会が機能するならば、社会としての素敵な折り合い、モアベターが生まれると思うのだ。 誰かが、ただ普通に生きたいけれどままならない。そんな小さな声を聞かずして平等は目指せない。 平等なんか無理?それは、出来る出来ないの問題だけでなく、理想を目指す理念の問題だと思う。 多種多様の世界にベストを目指せば、社会は一部だけの物になる。そう信じて、「他人の意見にも良い部分はある」を肝に生きていきたい。 RBGのおかげで、より強く確信したよ! 最後に、この偉大な女性を助けた旦那さんが素晴らしいと付け加えねば。 男女不平等の時代に出逢い結婚。彼女の知性に尊敬を抱き、同じ法律家として共に人生を歩んだ人。最も小さな社会である家族の中に、愛という柱があってこそ、揺らぐことのない信念が貫けた様に感じた。素晴らしい夫婦の物語も、このドキュメンタリーの一部だろう。

  • twi********

    5.0

    尊敬に値する方

    同じ人でありながら どうしてこうまで人生を全うできるのかと思う 自覚なく天然なところも憎めない 夫のマーティン・ギンズバーグとの関係も羨ましく微笑ましい 子供たち孫たちも自然体で彼女を愛してそう 彼女の業績を見ながら生きてきた人なら 尚 この映画を素晴らしいと思うのだろう 人である限り完全ではありえないから 彼女のすべてが正しいわけではないだろうが 彼女 彼女の生き方 人生は尊敬に値する この映画の2年後87歳で彼女は旅立った 2010年に亡くなったマーティンと 再び一緒に過ごしているのだろう ラッパーのノトーリアス・B.I.G.をもじった notorious R.B.G. 悪名高きRBG ルース・ベイダー・ギンズバーグ RBG? RGB? 迷った時には  ダース・ベイダー・ギンズバーグで思い出そう とんでもないスーパーウーマンの ドキュメンタリー映画 直球で元気をもらいたい時に良い映画です

  • rsg********

    5.0

    ダースベイダー RBG ニューヨーク

    ポスト で検索してみて♪。 マーティン・ギンズバーグ氏にも感心するばかりだ。

  • Cinemalove

    5.0

    しなやかで美しい最強の女性

    なんて素晴らしい女性でしょうか。 ビリーヴを見て知ってはいましたが、当ドキュメンタリーの方が好きでした。 なんと強く賢い女性でしょう。 今日我々があるのは彼女のおかげであると言っても過言ではない。 他国のこととはいえ先進国の革命を率い、他国に影響を与えてきたアメリカ。女性の権利、自由を約束される社会の礎を築いたといえますね。 旦那様も素晴らしい。なんと懐の大きな方。彼の手紙には泣けました。 一度でいいからお会いしたかったな。 2人亡き世の中、これからは私たちが世の中を変えなきゃいけない。 しかし、我が国、いないですね、こういう方。 我が国のサラリーマンおじさんや政治家に見せてあげたいと思いました。変わらぬ我が国の性差別を思うと恥ずかしくなりました。 女のお子さんがいる方は是非お子さんにも見せてあげてください。

  • ain********

    3.0

    世界の半分は女性

    男性優位の考え方は、人類生まれてからの役割分担での歴史で必然的な物。 ただ時代が変わり、男女間の役割分担が崩れ、頭脳に大差ないのであれば、機会の平等が自然の流れ。 国によってタイミングは違うが、アメリカがこの時代最先端だったように、立ち向かう人も先駆者と言われ、キング牧師もその一人。 同じような功績、評価の持ち主という事が理解できました。

  • mayumi-daichiii

    5.0

    素敵な女性です

    以前ビリーブという映画を観てルース・ベイダー・ギンズバーグさんを知って、今回この映画で晩年を知りました 女性が活躍するスカッとする映画が大好きです だからビリーブも星5の評価でした とても素敵な女性です 2020年9月にお亡くなりになりました 哀悼の意を表します

  • shoko

    4.0

    人類の未来を変えるパートナーシップ

    ルースさん死去のニュースを読んだ日にテレビで伝記映画「ビリーブ 未来への大逆転」とドキュメンタリー映画「RBG 最強の85才」が放映されました。 その時みた「ビリーブ」の方はルースさんのハーバード時代からはじめの男女平等裁判までの話で、ルースさんを知る良い導入になりましたが、彼女のその後の活躍をもっと知りたいという気持ちになり、昨日、再放送された「RBG 最強の85才」を鑑賞しました。 素晴らしい人がいたんですね。 私はルースさんの姿勢が好きです。 高いインテリジェンスがあり、感情論や憎悪を剥き出しにして喧嘩腰で対立したり、声高らかに権利を唱えデモに参加するよりも、静かに論理的に明確なポイントを提示し、あくまでも法による平等のために断固とした揺るぎない理念をもっていて活動する。 自分と考えが対立する保守派の男性判事とも友人関係を保つことができる。 シャイで控えめ、エレガントでおしゃれ。 彼女がスーパーヒーローとしてアメリカの国民的アイコンになったのも、よくわかります。 そして彼女をささえ、尊敬し、ユーモアとお料理の腕とともに生涯ルースさんをサポートしてきたご主人の存在。 「ビリーブ」でアーミー・ハマーが演じたよりも、このドキュメンタリーでみるマーティーさんご本人をみた方がよっぽど彼の偉大さが理解できました。 真の男女平等が確立されていない状況では女の幸せは結婚相手に大きく左右されると私は思っています。マーティーさんとのパートナーシップがあってのルースさんの活躍だったのですね。 私は日本には日本の古くからの伝統と美徳、価値観があり、ただそのまま西洋の運動をシフトしてもってくるのは違和感があると思っていましたが、日本のジェンダーギャップ指数が中国、韓国、インド、マレーシア、ネパール、ミャンマーよりも下であるとか、東京医大の入試における性差別の報道をみるにつれ、日本でも真剣にジェンダー平等について取り組まなくてはならない時がきているのだと思いました。 人類の存続にとって男女のパートナーシップは不可欠なもの。 敵対した関係ではなく、お互いに相手を思いやることで理解しあい、時代にそくした新しい男女平等な社会を築くことが望まれます。 考えさせられたドキュメンタリーでした。四つ星です。

  • じぇろにも

    3.0

    ネタバレワシントンDC 銅像

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • fg9********

    4.0

    襟を正さずにはいられない

    …在宅勤務で映画三昧の日々を過ごし、レビューが一杯溜まってしまったので、ザックリと書くことにする。  …あらすじは、横着をして、解説の次のとおりだけでイイだろう。  『1933年、ルース・ベイダー・ギンズバーグはニューヨークのブルックリンで生まれ、まだ大学に女性が少なかった時代にコーネル大学を卒業する。  その後紆余曲折を経て1993年、ビル・クリントン大統領から最高裁判所の判事に任命される。  80歳を超えてなお判事として勤務し、人々からRBGと呼ばれるギンズバーグを追った。』  『ビリーブ 未来への大逆転(2018)』に続いて観てみる。  非常にすんなりと溶け込めたので、セットで放映してくれたWOWOWには感謝しなくちゃいけないな。  ルースの母親の教えだったか、「淑女であれ、自立せよ」がしっかりと根付いているのだな。  そんな彼女が未だ現役の最高裁判事というのだから魂消たものだ。  日頃から弛まぬ努力を怠らず、頭脳ばかりでなく筋トレにも励んでいるシーンにも驚かされた。  かと思えば、機知に富んだ話術を巧みに操るお茶目な一面もある。  インタビュアー「最高裁判事は、9人全員女性が理想的ですか?」  RBG「ええ、そうよ。ダメかしら?1981年までは9人全員男性だったのよ」  また、「あなたの娘や孫娘は、どういう社会で育って欲しいのかしら?」なんて言われたら、頑固ジジイでも心が揺らいでしまうわな~。  更に、「怒りをむき出しにしている人の意見は誰も聞かない、冷静に話すことが大切」という姿勢も淑女の鑑で、真逆の意見の人とも友好的な付き合い方が出来るのだった。  『ビリーブ 未来への大逆転(2018)』でも感じたことだが、旦那さんとの相性も抜群だったな。  と思ったら、正反対の性格なので、お互いが補い合って良好な関係を築いていると言うのだ。  そんな彼女は、書籍に記されるだけでなく、Tシャツやマグカップ等のグッズにもなり、そのフィーバーの中心が若者たちというのだから吃驚だ。  日本では、考えられない事象だな。  ルースの成し遂げたエピソードでは、バージニア州立軍事学校の一件が印象に残った。  女子に入学資格を与えないのは憲法に規定する自由を侵害しているとして、違憲判決を捥ぎ取ってしまったのだ。  それから数十年の歳月が流れて、同校は男女共学が当たり前となっていたが、何かの記念日の折、招待客のルースが生徒たちから万雷の拍手で歓迎されるシーンは胸が熱くなった。  人格的にも人間的にもタイトルどおりの最強のおばあちゃんで、観終わった後は襟を正さずにはいられない、非常に見応えのある作品で3.8点といったところかな。  (メモ 総レビュー数:3649件、2020年度92作品目)

  • じゅんぢ

    5.0

    RBGに惚れた

    85才のお婆ちゃんなのに、何が彼女を虜にさせるのか? 保守系の判事まで彼女に魅せられるワケがよく分かりました。 アメリカの良心そのものが彼女ですね。

  • だってもくそも

    4.0

    女性を大切に!というのではなく

    私は女性ですが日頃差別を感じる環境にありません。むしろ背が高くガタイも良いので女性目線で発言することに少し後ろめたさを感じるくらいです。しかし子どもの頃から母が「話し合いもなく勝手にあっち(父)の苗字に決まっちゃったのよね」と不満をもらしていたこともあり、勉強になるかな、と思い映画を観ました。 性差別に関する活躍は順を追っていてわかりやすく、またRBGとその旦那が人として魅力的なのでところどころ笑いながら観られました。思想が合わなくても人として付き合える柔軟な姿勢。控えめながらやることはしっかりやり、怒りに支配されない。そしてとってもチャーミング。私も無駄口を控え少し淑女に寄りたいなと思いました。 女性を大切に!というのではなく、男女平等を訴えているところがすきです。 後半、現役続行に関してはちょっとどうかな?という点もあったけど、歳を重ねてますます人間的には魅力的です。

  • geo********

    5.0

    俗っぽい観点から!

    ハーバード時代の彼女は美人で聡明で働き者。 確かに美人、ワンダーウーマンの衣装がとても似合いそうな素晴らしさ。 ビリーブの女優より素敵。 ただ、性格はかなり内気な感じで語り口も静か。ボソボソだが、話内容は迫力がある。 ニュージャージ―のラッガース大学の教授時代の顔はかなり闘志が前に出て、戦う美人、ワンダーウーマンそのものですね。確かに。映画のワンダーウーマンもイスラエル人でしたので共通点があります。 60歳を過ぎてからは、穏やかなおばあちゃん。 でも世間話はしないし、テレビなど見ない。パソコンはできたのでしょうか? ご主人の禿げっぷりが豪快。笑顔が素晴らしい。 長男の禿げっぷりは父親にそっくり。 娘が母に似ておらず、かなりくたびれた女性であることがやや驚き。 孫娘はきゃぴきゃぴで可愛いが、ハーバードの抜群の秀才で、頭の良さは遺伝するのか、と感心。早く成長して経験を積んで最高裁判事になって、と心から応援したくなりました。 ご主人は22歳くらいで重度のガンを患ったがそれを乗り越え70歳以上生き、妻を最高裁判事まで押し上げたことは大変立派。 アメリカ人の良心みたいな方でした。

  • mai********

    5.0

    たくさん笑えたし、それ以上に泣けた

    ドキュメント映画で思い切り泣き笑いした。 とても不思議でした。 RBGがどれだけ多くの時間を戦ってきたのか 変化を勝ち取ってきたのか 聞き分けのない子供に言い聞かせるようにゆっくりと時間をかけて… その時間を思うにつけ彼女がどれだけ偉大な存在なのかを実感します。 そして彼女を支え続けたご主人のマーティン。 彼のユーモアに笑わずにはいられない。 彼女が歩くいばらの道。その道を歩く苦痛をユーモアで癒し続けた 素敵な男性の姿にも感動。 マーティンさんのユーモアに笑わされ RBGの心に響く弁論の数々に泣かされ アメリカ社会が変わってきたことを教えられるドキュメント。 変革は決して一人で成し遂げたわけじゃないし 今も揺り戻しと戦わなきゃいけないし 全てが平等になるのはまだまだ道のり険しいのだろうけれど この50年余りを変革の先頭に立って戦い続けた彼女を本当に心の底から尊敬します。 僕らもこんな風に戦わなければいけないのですね。 2019年6月29日シネマテークたかさきで鑑賞。

  • hiy********

    5.0

    パワーをもらった

    大先輩の姿勢に背筋が正される思い

  • fmm********

    5.0

    強さって心の強さかな

    私の場合、映画は特になんのバックグラウンドも調べず、予告編を見て面白そうだなと思ったら見にいく感じなんですが、「最強の85才」ってタイトルから、法廷で相手を言い負かす吠える女性みたいなのを想像していました。実際はそんな感じではなく、RBGはどちらかと言うと内向的だが、己の怒りをコントロールしながら、言うべきことははっきりと述べる。見た目は一見華奢な女性に見えるが、その強さは「最強の85才」と言われても遜色のない芯の強さをもっている女性だと思います。 性差別に対する彼女の功績は、もっと知られていくべきもので、この映画もたくさんの人に観てもらっても良い映画じゃないかなと思います。

  • mxe********

    2.0

    映画館で観るようなものではない、かな

    RBGさんのことは、映画を観るまで全く知りませんでした。こういうすごい人が出てくる、というのがアメリカの強みなのでしょう。日本だとすぐに潰される…素晴らしい人物だなぁ、と。 しかし、「映画」としては、彼女を絶賛する仕立てになってて、本人の凄さはあまり伝わらない。確かにすごい女性なんだとは思いますが、彼女はすげー、すげー、というインタビューばかりをつなげているので、正直途中でうんざりし始める。日本人にはなかなか実感できない時代背景もあるし…もっと彼女が体張って戦ったエピソードが欲しかった。一発逆転した、みたいな。 自宅のテレビで、NHKスペシャルで観たら感動したかも。お金払って映画館で見たら、ちょっとなー、という感じ。残念。

  • chu********

    3.0

    世の中を良くするために自分にできること。

    ワンダーウーマンとの合成画像もありましたが、ルース・ベイダー・ギンズバーグ a.k.a. RBGは特殊能力なんてひとつもない、いたってフツーの小柄な女性です。 What is your superpower?と問われると、勉強熱心さと意思の強さと体力、そうお答えになるのではないでしょうか。 私はあんなお人に絶対なれないけれど「世の中を良くするために自分にできることは?」という想いは、私でも持っておけます。 (RBGのスピリットを継ごうとする若い人がたくさんいることは、アメリカの希望ですよね。うらやましい) 誰でしたっけ?…アメリカの大統領…先日なんのために来日されたのかよう分からんかった…あぁ、トランプ大統領! 少なくとも、彼が大統領でいるうちはRBGさんが引退してもらっては困ります。 F.ジョーンズ&A.ハマー共演の「ビリーブ」を観て興味が湧き、前者を観ていたから理解しやすかったです。 ええ、ポップで観やすいドキュメンタリーです。それだけに、RBGをシンボルとして担ぎ出さざるを得なかったアメリカ良識派の人々の悲壮感が滲み出ているように思えました。

  • uso********

    3.0

    チャーミングなおばあちゃん

    見終わって感じたことは、「すごくチャーミングなおばあちゃんだな」ということ。 どれだけの偉業を成し遂げた人であり、現在もその影響を多くの人に及ぼすという事実を飛び越えて、アイコン化のほうだけが独り歩きしてしまっている現状を、面白おかしく伝える側と、面白く思わない両方が、きっとアメリカにはいるんだなと思わせる。 この映画は、彼女の業績よりも、その可愛らしさをフィーチャーして展開している。狙ってそうしたんだろうが、期待した方向性じゃなかった。司法がジャッジする国のあり方を、いま、このおばあちゃんがどれだけ危ういバランスで保っているのかということを、もっと重点的に解説してほしかった。 驚くことに、売っているパンフレットを軽く読んだだけで、この映画で伝えたいことをほとんど知ることが出来る。ネタバレではなく、それほど内容が薄いドキュメンタリーフィルムだったということだ。 ちなみに、クリントン元大統領が出てきたあたりで、不覚にも居眠りをしてしまったが、ルースも公聴会の最中に居眠りしている。そのコメントがいかしている。「きっとメガネが重すぎたんだよ」 とにかく、もっと彼女のことが知りたくなったし、『ビリーブ 未来への大逆転』はぜひ見てみたいと思う。

  • yasuo_pay

    4.0

    アメリカの良心。

    色んな意味でビックリ。アメリカは権利の国かと思いきや、女性に人権あんの?というひどいところから、それらを全てひっくり返し、勝ち取り、アメリカの歴史を作った女性です。しかも若い頃の美人なこと!控えめで能力は高く、ちょっとこんな女性は見たことない。ま、確かに料理が下手とかあるけど(笑)とにかくビックリです。何でもかんでも「女性は差別されてるぅーっ!」とこじつけ、ヒステリーを起こし怒鳴って、かえって女性の地位を下げてたT嶋Y子先生は見た方がいいね。

  • mot********

    4.0

    ラッキー

    信念を貫くのに、熱く語るような姿勢は逆効果。この人がいることで、未だ司法はまともでしょ?アメリカ人はラッキー。勇気を貰えます。

1 ページ/2 ページ中