ここから本文です

アガサ・クリスティー ねじれた家 (2017)

CROOKED HOUSE

監督
ジル・パケ=ブランネール
  • みたいムービー 176
  • みたログ 449

3.03 / 評価:330件

映画としては良いが、ストーリーが・・・

  • tokyo_sy*** さん
  • 2020年4月30日 10時16分
  • 閲覧数 1495
  • 役立ち度 3
    • 総合評価
    • ★★★★★

レビュー1691作品目。WOWOWプライムにて吹替え視聴。

いやあ、セットも良いし役者も良い。
日本では、まずお目に掛かれない芸達者な子役も良いし
お金掛けてます感も素晴らしい。ヒロインは超絶に美人さんだし。

でも、ストーリーがねえ・・・

以下、完全ネタバレ

・超リッチな老富豪が不審死、主人公(富豪の孫娘)と探偵が調べる
・富豪宅には、「前妻の姉」だの「後妻の若妻」だの、
 長男や次男、その子供達だので10名を超える家族
・もう一人の孫娘(小学生低学年位か)も、盗撮が趣味の変人。
 館を仕切る前妻姉も、銃を撃つ事が生きがい。なんせ全員が変人。

ほうほう。
ちなみに主人公の孫娘は、超クールで有能で感情を出さない、
暖かい人間味など皆無の、金髪超絶美女。

・主人公の孫娘以外の全員が、何らかの事情でお金が欲しい
・遺書のサインの不備で、全ての財産は金髪後妻の物に

中盤までは、こんな流れ。

で、なんやかやあれこれ有り。

全員が怪しいから「アガサクリスティーだし、全員がグルで犯人では」
とかも思ってしまったり。
でもまあ、被害者の老人は富豪だけど悪人じゃ無さそうだし・・。

で。

新しい遺言書が出て来て、全財産は主人公の孫娘の物となり。
まあここまでは良かったけれども・・・

結局は。
心に闇を抱えた盗撮魔の、幼い孫娘が犯人。
一生病院刑務所に入れたりしたくない(孫娘を溺愛)な、大叔母(前妻姉)は
孫娘を車に乗せ、崖からダイプして無理心中。
それを見た主人公、号泣。

え、なんだこりゃ。

無理心中する位に孫娘を愛していたなんて、そんな無理設定。

主役のサイボーグ金髪美女孫娘も、ラストまでは、目の前で心中シーンを見ても「あら・・」で済ませる様な冷血ぶりだったのに、何故かラストの崖ダイブを見て号泣。

なんで?

「実は、一番幼い少女が犯人でした。びっくりした?」な映画なのか。
「冷血クール美女にも、家族愛は有りました」な映画なのか。

いやあ無理があるでしょう。

セットや役者陣は良かったけれども、
原作と脚本がイマイチ過ぎて。大甘でも★3です。
★2が妥当かも。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 不思議
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ