ここから本文です

アガサ・クリスティー ねじれた家 (2017)

CROOKED HOUSE

監督
ジル・パケ=ブランネール
  • みたいムービー 175
  • みたログ 428

3.02 / 評価:318件

謎解きを期待するとガッカリしそう

  • chi******** さん
  • 2021年4月12日 0時10分
  • 閲覧数 144
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

クリスティの作品は、理詰めで犯人が特定できるものと
そうでないものがあり、これは後者。
なので、謎解きを期待して観ると残念な気持ちになります。

いわば、怪しい人物がたくさん登場し
確かに、意外な犯人ではあるが
別に、他の人が犯人でも成立するのでは?という印象。

発表された1949年には、意外な犯人だったかもしれないが
1932年には、日本では人気の高い、エラリークイーンの作品が
既に、発表されているので、新規性でも、犯人を特定できる
手がかりの量でも、クイーンの作品の方がミステリーらしい。

本作と「無実はさいなむ」が最も満足できた作品と
本人がおっしゃったらしいが、今もなお色褪せない傑作は
自分の中では別にある。
でも、彼女の真骨頂は、確かな人間観察の果ての説得力
だと感じるので、ミステリーの女王が目指した完成形が
こういう作品だったのかと伺い知れて、感慨深い。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 不気味
  • 恐怖
  • 絶望的
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ