レビュー一覧に戻る
アウトローブルース

アウトローブルース

OUTLAW BLUES

101

hir********

5.0

吹けば飛ぶような映画が好きだった・・・

1977年あるいは、深川東宝に来た時は、78年だったかも知れない。 忘れもしない・・・・3本立てだった。 確か「空飛ぶ十字剣」と「頑張れベアーズ!特訓中」とのカップリングだった。 当時の深川東宝の三本立ては、最高だった。 「オルカ」「パニックインスタジアム」「大陸横断超特急」「ウィークエンド」 「ジェット・ローラーコースター」「センチネル」「グレートハンティング」・・・ なんつーか、一流ロードショー館では、絶対カカらない映画ばっかり、 3本立てで、魅せてくれて・・・・これが、もうメチャクチャ面白い!! どれもこれも、上映時間は、2時間もなく、1時間半程度。 「娯楽映画」そのものみたいなのを、よく上映してました。 俺の「映画原体験」として強く残ってるのは、この深川東宝での「三本立て」 当時・・・4~5百円で、一日、映画館にいれたからね・・・ 夏なんて、みんな家にクーラー無いから、 日曜になると、そこらじゅうの貧乏人が映画館に入り込んで、涼んでいた。 まぁ・・・そんなこんなで、映画も観ずに「うたた寝」しちゃう奴もいたが、 まぁ・・・30分寝てたからといって、「解らなくなる映画」でもないんだな。 「アウトローブルース」 もう、ピーター・フォンダ主演だからね・・・・それだけでワクワクした。 主題歌が、良かったんだよ・・・・最後に笑うのは俺だぜ!みたいな歌詞で・・・ ただ、時代だなぁ・・・と思ったのは、フォンダが死ななかったこと。 「イージーライダー」ファンには、ちょっとしたサプライズだった。 とにかく、ピーター・フォンダの出てる映画は、どれも吹けば飛ぶような映画ばかりで、 俺は大好きだった。 特に、ピーター・フォンダ、ジャクリーンビゼット、は深川東宝が似合っていた。 そう、ゴジラよりガメラ。 クリント・イーストウッドよりバート・レイノルズ・・・の方が深川東宝には似合う。 最近、TUTAYAの「無印良品」で見かけたので、懐かしさだけでレンタルしたが、 やはり、名作だった・・・・娯楽映画とは、コレです。 ただ、大人になって観て思ったのは、よくぞ、この映画を夏休みにかけたと思う。

閲覧数832