ここから本文です

薄暮 (2019)

監督
山本寛
  • みたいムービー 18
  • みたログ 137

2.65 / 評価:125件

この世界には没入できなかった

  • rys***** さん
  • 2020年5月7日 20時20分
  • 閲覧数 290
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

東北の美しい景色を再現してはいるらしいが、それだけ。アニメだからできた表現、というところまで見せてほしかった。
音楽は曲自体はいいが、本編と合わせてメリハリが何もなく、単調な曲という印象になってしまい、眠くなりそう。
物語はシンプルな少女と少年の出会いだが、それを魅せるものに全くなってない。演出がとにかく酷い。

まず全体的に主人公の佐智のナレーションで説明することがとても多く、クライマックスでもやたら多用された。それがとにかく、映画の世界に入り込めずとても邪魔。可能な限り映像だけで説明を済ませるべきだった。

もう一つは演奏シーン。この作品では演奏の表現にも重点を置いているらしいが、これもとにかく退屈。
本番シーンでは練習シーンと違う熱量とかが何も感じられず、ひたすら練習シーンの延長であるというだけ。
機械的な演奏を見せられてるみたいだし、止め絵や背景が多く、曲も多分マイナーな曲で、かつ4人の演奏だとダイナミックな音になるわけでもなく、見せ場なのに盛り上がり感がない。

あと、要所要所にあるお色気シーン的なもの、必要?
全体の雰囲気と比べて下品だし不快だと思う。


東北三部作と銘打ったものの、この作品の舞台が東北である意味は?
監督はもっと福島のことを勉強してもらいたかった。

褒められる所は、ひいちゃんのキャラが良かった。リナとの掛け合いも面白かった。ここがなければ星1つだった。ただ本編とほとんど関係ない部分が良かったというのは非常に残念だと思う。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ