ここから本文です

ロマンスドール (2019)

監督
タナダユキ
  • みたいムービー 300
  • みたログ 761

3.71 / 評価:586件

ラブドールという題材のハードル。

  • ma***** さん
  • 2021年2月26日 3時09分
  • 閲覧数 1250
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

久しぶりにこんな気持ちになった
胸がスカスカで押し潰され体が飛ばされそうな気持ち。

まるでゴム人形のようだ。

ロマンスドールを観た。

観たタイミングが悪かったのか、それは定かじゃないけど、
とてもつらい気持ちになった。

映画の重みとしてはそこまでじゃなかったんだけど、きっと、死んだ妻の顔も体もそっくり模造して、ラブドールとして100体も知らない人に売るなんて、そんな諸行は私には到底理解できないから、そもそもの問題がある。

なんてゆうか、すごく重い思いの話を、なるべくフランクに形取った様な、割と現代的な感覚の映画なのかな。

所々、印象深いセリフがあり、それについてはとてもよかったし、配役もピッタリ、演技派ばかり。

亡き妻のラブドールと対面、実践したとき、奥さんと話していて思い出せなかった、わすれていた犬の名前を思い出すシーンとかもよかった。

なんだろう、愛ってすごいよな。

あの映画はどう考えても、男が女に甘えてる様にしか見えないけど。

しかし、愛を与えも受け取れもしない人間もいる中で、あの夫婦はしあわせだったんだろうから、よかったのかな。

とりあえず女性側の意見としては、かなり喪失感が拭えない作品でしたが、百聞は一見にしかずという事で、観た事に後悔はありません。

正直、男性の嗜好品であるラブドールという物を題材にした事で偏見が拭えず、そういった部分で損をしている作品だとは思った。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 泣ける
  • 笑える
  • 悲しい
  • 切ない
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ