2019年3月23日公開

漂うがごとく

CHOI VOI/ADRIFT

1062019年3月23日公開
漂うがごとく
3.5

/ 13

23%
31%
23%
15%
8%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

ハノイを案内する通訳兼旅行ガイドで生計を立てているズエンは、タクシー運転手のハイと出会って3か月で結婚を決意する。ハイは結婚式の後で酔いつぶれてしまい、ズエンはその様子をただ見つめていた。ある日、式に出席できなかった友人のカムを訪ねたズエンは、トーという男に手紙を届けるように頼まれる。そしてトーに襲われたズエンは、なぜか彼に心惹(ひ)かれてしまう。

シネマトゥデイ(外部リンク)

本編配信

スマートフォンご利用の方はアプリから視聴できます。

予告編・動画

作品レビュー(3件)

ロマンチック18.8%セクシー12.5%不思議12.5%悲しい6.3%勇敢6.3%

  • drm********

    2.0

    なんか

    2020年235本目 この前に『プロミストランド』を観たので。 よーわからん。 大したことないのに雰囲気だけで押し通した感じ。 特におもしろさは感じられず。 背徳感もそれほど。 ただ揺られ揺られて… 最後までたどり着きました感。 てか、最後の音楽なんなんだ?

  • 夢生

    4.0

    雰囲気を楽しむ映画

    試写会で一足先に観賞。 ”エロスとタナトスの扉”と謳っているけど、どちらも違うような感じ。 雰囲気映画なんだな〜と思う。 実際のところ登場人物はマザコンのインポ男、したい女、弄ぶ男、 ヤキモチを楽しむ女。俗人だらけなのだけど、そこには対極の風流さも漂っている。 なぜだろう?ベトナムのジットリと美しい、”清濁”した空気感か? 薬草入りの蒸し風呂の中で綺麗なシルクの布の中に包まれた姿も、手刺繍のネグリジェも素敵。 ズエン、カム、トーの部屋のインテリアは必見! 友人のカム…綺麗なんだけど、 ミッツ・マングローブ似のルックスでちょっと中性的な感じ。 カムはズエンの事愛してるが故に、同じ男を共有したかったのかな?なんて思ってしまった。

  • bakeneko

    5.0

    ネタバレベトナムでお湯が出るお風呂はステータス!

    このレビューにはネタバレが含まれています。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


基本情報


タイトル
漂うがごとく

原題
CHOI VOI/ADRIFT

上映時間

製作国
ベトナム

製作年度

公開日

ジャンル