ここから本文です

サイダーのように言葉が湧き上がる (2020)

監督
イシグロキョウヘイ
  • みたいムービー 103
  • みたログ 317

3.82 / 評価:279件

現代風80年代のトレンディドラマのよな作品

  • SASA さん
  • 2021年8月23日 23時59分
  • 閲覧数 187
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

懐かしさと新しさのミキシングが凄いなぁと思いました。
ビジュアルが素晴らしい。80年代シティポップを意識したビジュアル。
なんだろ・・・この懐かしさって思ったら、この映画は80年代~90年代前半のバブル期のトレンディドラマみたいなことをめっちゃ現代風にしてやってるような作品だわって思いましたね。

今の若い子にはわかんないかもしんないけど…結構昔のトレンディドラマってこういう感じ多かったなぁって思った。80年代ポップカルチャーやシティポップを意識したビジュアルで、凄く最先端なことをやっているアニメだと思いますね。

ビジュアルは懐かしさを感じつつも、バブル期と言えばトレンディドラマが大量に作られてました。基本的にバブル景気時代の女性の願望を具現化したような作品作りが売りで、恋愛主体の少女漫画の王道的な作品が多かったわけです。でもさすがに今そういうノリは現代にはすぐわないわけです。

だから主人公とヒロインはコンプレックスを持っていてどこか、世間とか他者に壁を作っているという設定になっている。この辺はバブルでイケイケの頃とは明らかに違う現代的なアレンジ。80年代の女の子のちょっと空気読めない感じのヒロインの感じは、ライブ配信で目立ちたいっていう周りの迷惑考えずにどこでも配信してしまう空気の読めなさとかに置き換えられたりしてるなぁってw

昔のドラマって結構直球な下ネタが平気で出てくるあたりはチェリーくんってあだ名が象徴してますよね。言わずとしれた童貞くんの比喩ですからね。でもさスマイル現代子なのでそれに気づいてないっていうwまーチェリーのモデルがはスピッツの草野さんがモデルだから、スピッツの代表曲のチェリーから取ったとか、そういう理由もあるんですがねwでも最終的にはトレンディドラマのように女子がキュンキュンするような告白ですよ。お祭り会場まで走っていくチェリーの姿や告白して花火ドーンでスマイルが、名前の通りにスマイルになって終わる王道なんだけど、それがめっちゃ80年代のドラマみたいw良いんです!
あとチェリーくんはエヴァの碇シンジのように外界と遮断するためにヘッドフォンをつけてたり、あの辺は90年前半的なキャラの匂いがしますね。岩井監督の「リリィシュシュのすべて」とかの匂いがします。

俳句も詩ですから、言葉遊び要素を本作では伏線や比喩で使っていたり、それから音楽要素で言えばレコードはミキシングですよ。よくクラブとかでDJがレコード2枚を一緒にかけてチェケラッチョ!とかやってるMIXですね。80年代はクラブミュージックやディスコなんかも流行ってましたからね。その要素を比喩でつかったりうまく作品に織り込んでると思います。あとレコードって、個人で作られてたものや市販はしてないけど記念で作ったものが大量にあったんですよ。今の子は知らないかもですが。何かの記念でレコードを作ったり。そういう個人で作ったレコードなんかを探すのってまー大変ですよね。

ミックス要素で言えばフジヤマのおじいちゃんと奥さんの関係がチェリーとスマイルの関係の置き換えだったりとかね。MIXされてますね。大貫妙子さんの書き下ろした劇中歌の「YAMAZAKURA」の歌詞も本作の内容を体現してるので見てみると良いでしょう。

ショッピングモールが舞台なのも面白いですね。
ショッピングモールってロメロのゾンビ映画でも言ってますけど、ショッピングモールは資本主義経済の象徴なんですよね。アレができたせいで田舎の個人経営のお店など営んでる人達、商店街などは死にました。つまりそこが現代的なんですよ。バブル崩壊後の象徴というかね・・・。凄い皮肉なものに見える。

そうした現代に忘れ去られてしまったものの風景の中でレコードを通して過去を探している。そして最後のレコードが時計として使っているっていうのは、失われて消え去っていった世界で残っていたものを表しているなぁと。それを探してるのが認知症が入っているだろう、過去を忘れて行くおじいさんっていうのも良いですね。介護の仕事やってた時、思い出せないことが辛いっていう人がめっちゃ多いんですよ。見ていて辛いね。

という感じ色んなことが蘇るアニメでした。
私は凄く良かったなぁと思いますね。

80年代シティポップと言えば今、江口寿史さんがキャラクターデザインを担当した「Sonny boy」というアニメが放送中ですが、今そういうブームが来てるのかなって思いますね。

トータル…サイダーを~通して思う~懐(夏)かしさ

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • ロマンチック
  • 切ない
  • かわいい
  • コミカル
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ