ここから本文です

スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け (2019)

STAR WARS: THE RISE OF SKYWALKER

監督
J・J・エイブラムス
  • みたいムービー 1,533
  • みたログ 1.2万

4.10 / 評価:10154件

怒り、憎しみ、目を背けたくなる駄作

  • leg******** さん
  • 2021年10月13日 1時00分
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

スターウォーズ1想像力が無い監督と、DC1アホくさい脚本家がタッグを組んだ地獄の時間。
映画館でみた映画の中で、時間を無駄にしたと心の底から感じたモノ。映画ですらない。
セルフパロディのつもりの焼き直しとパクリのオンパレード。
最終的には設定を変えて、ファンの考察を採用する無能っぷり。
役者への演技指導も、脚本のチェックもろくにしてない無能監督が再度メガホン取ったらそりゃゴミが増えるだけですよね。
今までつまらない映画を見ても虚無になるだけだったが、これに関しては歴代作品に泥を塗るどころか、立ち小便してるレベルで侮辱しにきてるので怒りが沸いた。
これを絶賛している連中は、過去作に思い入れがないのだろうか。
一本の映画としてみても脚本が致命的で、他人のゲーム実況を映画館で延々見せられている気分。
CGは暗くて見にくいし、宇宙人は人形感バリバリだし、バトルはインフレしすぎて「小学生が考えるサイキョーのスターウォーズ」で呆れた。
作品のテーマに友情を持ってきているくせに、レイは単独行動で突っ走り、レジスタンスを救うことより、カイロとイチャイチャするアバズレに成り下がり、8で成長したレイと別人に退化して悲しくなった。
8であれだけ新しい物語になるように舵を切ったのに、パルパティーンに縋り、ルークに縋り、ハン・ソロに縋らないと何も書けない無能は、2度と歴史のある作品に関わらないでほしい。マーベルに来てほしいとか正気か?
こんなゴミに使う金があったら、ソロやローグワンの予算を上げてほしかったとしか思わないですね。
このゴミの3時間を過ごして唯一得られたものは、世の中でつまらないと評価される映画を見ても、「コレよりマシ」と映画に対する評価基準が甘くなった事だけです。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 絶望的
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ