ここから本文です

嵐電 (2019)

監督
鈴木卓爾
  • みたいムービー 88
  • みたログ 200

2.73 / 評価:127件

日本映画史に残すべき映画

  • lig******** さん
  • 2019年7月25日 19時40分
  • 閲覧数 1715
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

8ミリ映画 ゾンビ映画など映画ファンがうれしくてたまらない要素が盛り込まれています。
京都の歴史文化を知っていると分かる場面が多く、逆に予備知識なしで見ると謎で終わってしまう面があります。が、謎で終わっても見た後に言葉で表せないものが残ります。  京都の人でないと分からない面がありますが、逆に京都の人間でもよほど、嵐山周辺の歴史について詳しくないとさっぱりわけ分かりません。さっぱり分からなくても面白いです。
という不思議な映画です。
京都の歴史と京都での映画製作の伝統を物凄く尊重した作りになっています。その一方で映画全体が新しい時代の映画製作者に対する激励のメッセージにもなっています。
言い出したらキリがないですが、「檀林皇后」という人だけはちょっと調べて見に行った方がいいかも知れません。
この映画を見て主演の大西礼芳さんのファンにならない人はいないと思います。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 不思議
  • 切ない
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ