ここから本文です

嵐電 (2019)

監督
鈴木卓爾
  • みたいムービー 53
  • みたログ 163

2.73 / 評価:119件

解説

通称・嵐電として知られる路面電車・京福電気鉄道嵐山線を題材にしたラブストーリー。京都にやってきたノンフィクション作家を中心に、恋のエピソードが描かれる。メガホンを取るのは『ゲゲゲの女房』などの鈴木卓爾。『ニワトリ★スター』などの井浦新が主演を務め、『MADE IN JAPAN こらッ!』などの大西礼芳、『夏の終り』などの安部聡子、『きらきら眼鏡』などの金井浩人らが共演した。

シネマトゥデイ (外部リンク)

あらすじ

鎌倉から京都を訪れたノンフィクション作家の平岡衛星(井浦新)は、嵐電こと京福電気鉄道嵐山線の線路そばに部屋を借り、嵐電にまつわる不思議な話を聞いて回る。彼と妻の斗麻子(安部聡子)はその取材を通して、過去に嵐電が走る街で体験した出来事に再び遭遇したいと考えていた。一方、嵐電の駅では、修学旅行中の女子学生・北門南天(窪瀬環)と地元の少年・子午線(石田健太)が出会う。さらに太秦撮影所付近のカフェで働く小倉嘉子(大西礼芳)は、俳優の吉田譜雨(金井浩人)に京都弁を教えることになる。

シネマトゥデイ (外部リンク)

本文はここま>
でです このページの先頭へ