ここから本文です

マローボーン家の掟 (2017)

MARROWBONE

監督
セルヒオ・G・サンチェス
  • みたいムービー 115
  • みたログ 360

3.74 / 評価:280件

ホラー仕立ての哀調ストーリーが秀逸

  • ポルティ さん
  • 2020年12月22日 12時53分
  • 閲覧数 226
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

まずもってこれはホラー映画ではない。スペイン映画お得意のホラー調に演出された哀しい家族の物語である。しかもかなり作り込まれストーリーのため、ちゃんと観る必要があるが、しっかり余韻を残す脚本が良い出来だ。ホラーとして観ると肩透かしをくらうが、元々監督の狙いがそこにないのは明白。
主役のジョージ・スコフィールド二等兵・マッケイの華のないルックスが逆に切なさを助長して良い味だ。

オチがすべてのこの作品を自分は愚かにも片手間で集中できないまま観てしまったものだから、この複雑な構成が腹に落ちず、鑑賞後にネットでネタバレを読んでそういうことだったのか!と理解出来た始末。
正当に評価してあげられず、まったく本作には申し訳ないことをしてしまった。
地味さで損しているが、本来はもっと評価されてよい佳作だと思うので、他のレビューを参考にしていただきたい。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ