ここから本文です

ラ・ヨローナ ~泣く女~ (2019)

THE CURSE OF LA LLORONA

監督
マイケル・チャベス
  • みたいムービー 79
  • みたログ 397

3.14 / 評価:332件

勘所を外さない。

  • Kainage_Mondo さん
  • 2019年5月12日 17時34分
  • 閲覧数 1061
  • 役立ち度 3
    • 総合評価
    • ★★★★★

開巻 1673年 の メキシコ で掴んでおいて、1973年 の ロサンゼルス で物語を転がす。その間かる~く 300年 ですよ ! その長きにわたって伝承されてきた ラ・ヨローナ の悪霊伝説 ・・・ それを本作で解決しようと云うのだから、物凄いことになるのは当然 ( 笑 ) で、これがね~ 怖いし 面白いのだ。

序盤から中盤にかけてのムード醸成の巧みなことね ! ラ・ヨローナ の造形 ( メイクアップも含めた外見 ) については もうひと工夫あっても良いのでは ? と感じたが、とにかく見せ方が絶妙でね~ 状況とタイミングとスピードが正にピッタリで、怖がらせ方のツボを心得ていた。

ラファエル なる元神父の 呪術医 が登場してからは物語の様相が一変し、アクションたっぷりの悪魔 ( 悪霊 ) 祓いが披露され、ハラハラどきどきしっ放しだった。恐怖の質について言うなら序盤から中盤の方に軍配を上げたいが、悪霊祓いのグッズとして聖水やら、曰く因縁つきの樹木の種やら、その樹木から拵えた十字架やら、が登場し、それぞれ活躍してくれたので満足まんぞくの着地。傑作とは思わないが十分楽しめる小品だった。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 不気味
  • 恐怖
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ