ここから本文です

閉鎖病棟 -それぞれの朝- (2019)

監督
平山秀幸
  • みたいムービー 438
  • みたログ 1,381

3.45 / 評価:1119件

事情抱えていない人間なんていないからね

  • たーちゃん さん
  • 2021年4月19日 20時44分
  • 閲覧数 1510
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

ずっと気になっていた作品でした。鶴瓶さんの演技が良いとの評判で、どんなストーリーなのかとかなりの期待して見た作品です。
はっきり言えば期待外れでした。

俳優の方々はとても良いです。
というより、精神に異常のある方を本当に連れてきたのかと思うような、リアルな演技でした。
その割に鍵をかけている箇所以外はいたって普通の病棟に見えてしまい。病棟にリアル感がありません。
簡単に外出許可がだされたり、外泊許可が出されたり。任意で入院している患者は自分から、退院を申し出れば退院できるって何でしょう。これでは病院というよりホテルですよね。
それに元死刑囚というのは精神病ではないので、こういうところに一緒に入れられてしまうのでしょうか。陶芸の場があるという事は刑務所と同じで労働しているという場所なのでしょうか。その割に看守もいないで、何だか野放し状態だなと思ったりしました。労働でなく、趣味の場だとしたら他にもこういう場所があるのかとも思いますし。

梶木秀丸(笑福亭鶴瓶)が殺人を犯したときの映像は白黒画面でしたが、手だけが赤い鮮血で赤くなっていたのが印象的でした。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 泣ける
  • 悲しい
  • 絶望的
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ