ここから本文です

閉鎖病棟 -それぞれの朝- (2019)

監督
平山秀幸
  • みたいムービー 431
  • みたログ 1,212

3.47 / 評価:983件

私は好き

  • koy***** さん
  • 2020年9月21日 19時49分
  • 閲覧数 959
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

前提として、今の日本では死刑囚が生きながらえたりすることは無いし、きっと一般的な精神病棟はあんなに自由では無いと思います。仮にも元死刑囚がもう一度刃物を持ち自由に外出できるような環境、何かあっても誰か駆けつけたりしない環境というのは現実的では無いなぁと。
ただ、その辺に目をつぶった時、フィクションとして、とても良くできた、素晴らしい作品だと思いました。この作品の中でシュウさんの過去(なぜ幻聴が聞こえるようになったか)は明かされていませんが、それで良かったと思いました。普通に見えてもなにか抱えていたり、何かと戦っている人達は沢山います。他の患者さんたちも、きちんと人間として描かれていて、見入ってしまいました。あまりにも、残酷な展開に辛くなりましたが、皆それぞれの人生を生きているなとしみじみ思いました。ラスト、大袈裟な奇跡や希望を見せる展開ではなく良かったです。これからも彼らはもがきながら生きていくんだなと心になにか残る作品でした。綾野剛さんの儚さが今にも消えてしまいそうですごく良かった。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 泣ける
  • 悲しい
  • 切ない
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ