ここから本文です

ホワイト・クロウ 伝説のダンサー (2018)

THE WHITE CROW

監督
レイフ・ファインズ
  • みたいムービー 88
  • みたログ 212

3.81 / 評価:162件

ダンサーというアーティストを貫いた

  • po0***** さん
  • 2019年5月23日 0時02分
  • 閲覧数 709
  • 役立ち度 7
    • 総合評価
    • ★★★★★

観たかった映画!やっと観ることができた!
伝説的なダンサーのルドルフ・ヌレエフということしか知らない状態で、この映画を観た。

オレグ・イベンコ、ストーリーが進むにつれて、どんどん洗練されて素敵だった。絶体絶命の時のヌレエフには、こちらの緊張も高まり涙した。
大好きなセルゲイ・ポルーニンが出ているのも嬉しい。
アデル・エグザルコプロスが、ふとしたしぐさで感情が伝わってきて、素敵な女優さんと思った。

幼少期のヌレエフの場面に、思いをめぐらせ切なく感じ入った。
幼少期のヌレエフがかわいらしい。

海外公演のパリで、美しいステンドグラスのサントシャペル教会(だったはず)に見入るヌレエフがたまらなく素直でイイ。
サントシャペル教会、自分は生で観たことがないけれど、とても美しく素敵な教会。
人懐っこくパリのダンサー達に挨拶して、打ち解けていくヌレエフも素敵。
ただ、圧倒した輝きを放ちながら有名になった彼の、くすぶっていたコンプレックスからなのか傲慢で残酷な側面を見ると、悲しくも感じた。
それでも、いざという時、彼を助ける周りの仲間や友人に恵まれたと思う。

華やかで優雅な踊りの舞台も素晴らしかったし、ルドルフ・ヌレエフの人生を観ながら彼の人間性に興味深く惹きつけられ、見応えたっぷり、おもしろかった。

芸術は、政治や国境なんて関係ないんだよ、と思った。
ダンサーというアーティストを貫いたルディを讃えたい。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 泣ける
  • ファンタジー
  • スペクタクル
  • ロマンチック
  • 切ない
  • かっこいい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ