レビュー一覧に戻る
ザ・トランスフォーム 地球外機械生命体

風よ吹け

2.0

プロットの薄さと語り口のまずさ

大学生たちが救助用のロボットを実験しようと教授に黙って山にはいったら、ちょうど宇宙人襲来中で、いろいろ襲われるという話です。 ロボットが時々活躍したりしなかったり、時系列を意図的にバラシて、尋問シーンで引き延ばしを図ったり、というのが全部うまくいってなくて残念。 最初にロボットを起動したあたりまではわくわくしましたが。 原題はHornetで、これがロボットの名前。設計は女の子二人がして、建造したのは男子だけど、そもそものパーツの由来が…、というところで少し引っ張りたかったんでしょうか。 ラストで少しカタルシスはありますが、謎は解けてないので、知りたければ続編で、というのでしょうか。 演技で特に目立ったところはありません。

閲覧数80