ここから本文です

コレット (2018)

COLETTE

監督
ウォッシュ・ウェストモアランド
  • みたいムービー 105
  • みたログ 202

3.37 / 評価:155件

自分自身であること。

  • tak さん
  • 2級
  • 2020年6月21日 22時14分
  • 閲覧数 122
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

フランスの作家にして、同性も含めた恋愛遍歴でも知られるシドニー・ガブリエル・コレット。性の解放者とも言われる彼女の半生を、芯のある気丈なヒロインが似合うキーラ・ナイトレイ主演で撮った秀作。後付けの知識でよいので、もう一つ知っておきたいのは、この映画がウエストモアランド監督と彼の同性パートナーである故リチャード・グラツァーの脚本によるものだということ。それを知って観ると、この映画が単に興味本位でコレットの人生を追って撮られた映画ではないと思える。ひとりの女性の成長と自立の物語には、自分自身であろうとすることに勇気をくれるメッセージがある。

ブルゴーニュ地方の田舎村で育ったコレットは歳の離れた夫に嫁ぐ。しかし度重なる夫の軽々しい行動に苦しむ日々。やがて夫はコレットの文才に気づき、学生時代の思い出を小説にした作品を書いてみることを勧める。最初はそれを評価しなかった彼だが、ビジネスが窮地に立ちその作品に手を入れて、夫のペンネーム"ウィリー"名義で出版すると社会現象になる大ヒットを記録する。夫との共同で書き続けた「クロディーヌ」のシリーズ。自分の作であることを主張し始めたコレットは、夫と衝突。やがて自分の表現の場を文筆以外にも求め始める。それでも彼女は内から湧き出る文章を、留めておくことはできなかった。

女流作家として売り出すことが叶わなかった時代なのかもしれない。だが、「天才作家の妻 40年目の真実」のグレン・クローズのように、身勝手な人物の影で才能に光が当たらないのはいつの時代もありうること。「コレット」の夫は、自ら創造することのないタイプのプロデューサーだ。妻の才能を認めながらも、彼女をあくまでビジネスの手段としか見ることができなかった愚かさが虚しい。映画後半、コレットが「クロディーヌ」シリーズについての思い入れを語る場面は、もはや決定的なすれ違い。キーラ・ナイトレイはこの映画でも多くの衣装を着こなしており、ファッションの変化がコレットの変貌と重なっていくのも見どころだ。

ガブリエル・コレットの代表作「Gigi」は後に舞台劇となり、あのオードリー・ヘプバーンが主役を務めることになる。その映画化はレスリー・キャロン主演の「恋の手ほどき」。観たことがないので、コレットの半生を知った上で観ると面白いかな。

ちなみに。1991年にガブリエル・コレットを主人公にした映画「コレット・水瓶座の女」が製作されている。こちらは同性愛の一面がやたらと取り上げられており、感動はこのウエストモアランド監督版には遠く及ばない。主役のマチルダ・メイはお気に入りの女優さんなのでちょっと残念。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ