ここから本文です

コレット (2018)

COLETTE

監督
ウォッシュ・ウェストモアランド
  • みたいムービー 108
  • みたログ 163

3.38 / 評価:127件

時代の先駆け 自分を持った女性

  • UrbanDockGoer さん
  • 2019年5月23日 23時57分
  • 閲覧数 345
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

キーラ・ナイトレイ目当てで鑑賞



【物語】
コレット(キーラ・ナイトレイ)はフランスの田舎町育ち。パリに住む売れっ子作家ウィリー(ドミニク・ウェスト)に見初められて結婚。

ウィリーは売れっ子作家とだったが、実はゴーストライターを何人も抱えていた。本は売れていたが、遊び人であるため金は全く溜まらず、常に自転車操業的な暮らしだった。あるとき、作品の作成に行き詰り、コレットに作品を書かせる。
コレットは自分の生い立ちをベースにウィリーの売れるための助言を聞き入れながら作品を書き上げる。 ウィリーの名で出版されこれが大ベストセラーになる。 
この作品はシリーズ化され、国民的作品となる。


しかし、ウィリーの遊び癖は治らず、コレットは悲しい思いをするが、いつしかコレットもまた奔放な行動に出る。 それでも2人は長らく夫婦関係を維持したが、コレットはついに自分の自分がしたいことを見つける。



【感想】
コレットは実在の人物と言うことで、こんな時代にも凄い女性がいたものだと思う。

別れそうでいて、なかなか別れなかった2人の関係は面白いなと思ったけれど、昔のことなので、世間体や作家も人気商売なので、イメージを気遣って別れられなかったということなのだろうか。

ウィリーはいわゆるプレイボーイだが、実はコレットの方が自由人だったようだ。最終的には世間の声なんてクソくらえ的な行動は驚くに値する。
作品は読んだことが無いが、自由な発想に富んだ作品なのだろうな。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 不思議
  • 勇敢
  • 知的
  • セクシー
  • かわいい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ