レビュー一覧に戻る
映画 すみっコぐらし とびだす絵本とひみつのコ
2019年11月8日公開

映画 すみっコぐらし とびだす絵本とひみつのコ

662019年11月8日公開

yak********

5.0

ネタバレ当時映画館に5回観に行きました

最初、すみっコぐらしの映画化ときいてとても驚いた記憶があります。 失礼ながら、「ふーん…どうせこのキャラ出してなんかほにゃほにゃして終わりじゃない?新キャラ、あんまりかわいくないし…」くらいに思っていました。ただすみっコぐらしは好きなので、公開2日目に見に行きました。 そして映画館で見た結果、前半は可愛さの嵐、後半の20分が息が詰まるかと思うほどの号泣。 たしかに退屈なところはあると思います。それこそ映画を見る前に子供向けなんだろうなぁ、と思った感じです。 「ひよこ?はみにくいアヒルの子で、自分の世界が見つかってよかったね。すみっコのみんなも絵本のキャラクターの仮装をしてかわいいし、優しかったね。で終わるのか」と。 ところがそれを裏切るのが終盤の怒涛の展開。 実はひよこ?は誰かのらくがきで、だから仲間がいなかったんだ…と落ち込むすみっコたち。もうここで涙腺が決壊。そこからエンドロールが終わるまで涙が止まりませんでした。 映画を見る前は前述の通りあまりかわいくない…と思ったひよこ?のぬいぐるみを、映画館を出てその足でお店へ向かって買いました。 ひよこ?の灰色でイマイチなその姿にもきちんと理由があり、映画を見る前と見た後では印象がガラッと変わるのだ…と驚かされました。 かわいくないなんて思ってごめんね。ひよこ?ちゃん。 いまでもDVDを見ると涙が出ます。 うるさくないナレーション、すみっコたちのセリフも最小限ですが、説明や言葉がなくても伝わるという意味でも素晴らしい作品だと思います。

閲覧数4,718