レビュー一覧に戻る
映画 すみっコぐらし とびだす絵本とひみつのコ
2019年11月8日公開

映画 すみっコぐらし とびだす絵本とひみつのコ

662019年11月8日公開

koi********

5.0

ネタバレみんなに見てほしい、優しい気持ちになれる神作品

すみっコぐらしのことはうっすらと知ってはいましたが、まさか映画になるとは。しかもレビュー見る限りかなり泣けるらしい……? 上映当初はすみっコぐらしへの興味関心が薄かった事もあり映画館で見ることはなく、暫く(1年以上だったかな)した頃有料動画サイトで暇つぶしを兼ねて見ました。 最初はほぼ疑っていました。こんな緩いキャラたちの映画が本当に泣けるのかと。ほかの泣けると評判の高い映画でさえ泣くことがほぼないので、まず泣くことは無いだろうと思っていました。 そして視聴終了後、それらの予想が全て裏切られるくらいボロボロに泣いている自分がいました。こんなに泣いたのは高校の卒業式以来です(笑) 前半は各キャラの特徴を丁寧に描きつつ絵本の世界の住人になってしまったすみっコ達が描かれていますが、ここら辺は子供向けだなぁと思うくらいゆっくりペースで可愛いです。個人的には端っこでちょっとしたネタを披露するタピオカたちがツボです(笑) しかし後半から展開が一気に変わり、ひよこ?の正体が明かされた時は息が詰まりました。ひよこ?の正体は誰かが描いた落書きの絵で、描かれた場所は巻末の白紙のページだから当然誰もいない。ようやく見つけた居場所が誰もいない空間なのであればみんなのいるすみっコの世界に行けばいい。そんな提案も絵本の住人達の掟の前には通用しません。それを先に察したひよこ?はそのことを話さずすみっコ達を元の世界へ戻そうと奮闘します。小さい体で自分の居場所を一緒に探してくれて、一緒においでよと手を差し伸べてくれたすみっコ達を今度は自分が助けたいと必死になるひよこ?の姿に涙が溢れました。ナレーションが一切なく、セリフもほぼない演出も狡いなと思いました。 誰よりもひよこ?に寄り添っていたペンギン?がひよこ?が絵本の世界から出られない事を知り、悲しみを押し込め元の世界に戻る所や、元の世界に戻った後、吸い込まれた絵本の巻末に描かれていたひよこ?の絵に誰よりも涙をポロポロ流すところはあまりに辛いです。序盤は絵本にすら興味無さそうだったペンギン?との対比が上手だなと思いました。 そこからエンドロール終了までは今度は嬉し涙が止まらなくなりました。ほんのり白紙のページにひよこ?の仲間を描くのかなと思っていたら、まさか自分たちの姿をしたひよこ達を描いていて、その後の姿がエンドロールに流れ、物凄く嬉しくなりましたし優しい気持ちになりました。 見終わったあと映画館の大きなスクリーンで見たかったと、上映していた時期に見に行かなかった事をものすごく後悔しています……。 見たあと数日は映画の後半を思い出して思い出し泣きして仕事に支障が出まくったり、サントラでボロ泣きしたりと散々でした(笑) この作品がきっかけですみっコぐらしが大好きになりました。 心の底から出会えてよかったと、大声で言える最高の作品です!

閲覧数7,576