ここから本文です

上映中

ドラゴンクエスト ユア・ストーリー (2019)

DRAGON QUEST YOUR STORY

監督
八木竜一
花房真
  • みたいムービー 1,982
  • みたログ 5,227

2.58 / 評価:4,605件

鑑賞者を愚弄する最低の作品

  • sqo***** さん
  • 2019年8月23日 1時13分
  • 閲覧数 2559
  • 役立ち度 62
    • 総合評価
    • ★★★★★

最低の映画だと話題になっていたので鑑賞。最低だった。

言わずもがな映像・音楽は良い。携わったスタジオ4℃の技量はホンモノだし、音楽の使い方もなかなか絶妙でドラクエファンにはたまらない。しかし、物語部分があまりにも酷い。これについては何度も書かれているため、死に馬に鍼をさすようなものだが、それでも一編書きたくなるほど観るものを愚弄する最低の物語だった。

あの、例のクライマックス。二つの意味で最低・最悪。まず第一にソースを嘲っている。まさかあんなメタ的な展開で「大人になれ」なんて言われるとは。鑑賞者を小馬鹿にしているのかとしか思えない。そして、もう一つは、それをクライマックスに持ってきた事。序盤・中盤でやるならまだ擁護できたが、クライマックスに持ってきた事で、作品のテーマが、本来のソースとは全く関係のない「それ」に集約されてしまった。
似た展開の例としてマトリックスがあがったのを目にしたが、ここでは序盤でやっている。したがって、それ自体がテーマにはなっていない。マトリックスで言うならば本作品は「最後の最後にネオがあのカプセルで目を覚まして、周りを見て、『うわあ』ってなってもう一度カプセルの中で寝て終わり」のような展開になる。

物語を語る上で「夢オチ」がタブーであることは広く知れていると思う。まさか2019年に夢オチの映画を見させられるとは。ソースのドラクエVだけでなく、メディアとしてのゲームを軽く見ている証左ではないかと思う。「原本がゲームだし、なんかひねりが足りないからこうしよう」っという軽い考えだったのではないかと推測される。それが許されて、僕たち鑑賞者の目に届いているのだから情けない。語り部としての自覚が甘すぎるのではないか。
加えてこのオチは、これまで語られていたストーリーがなぜ「駆け足」で「御都合主義」だったのか、という答えにもなってしまっている。答えは「ゲームだから」。所詮ゲームだから、ストーリーはなぞりさえすれば良く、主人公は負けることがない、という事なのだ。

時間を割いて、こんなことを書いてしまうこと自体、悔しく、やりきれない。鑑賞者を嘲り、愚弄する理由はなんだったのか。政治的な作品ならまだしも、嘲ったところでなにも生まれないだろう。こんな作品で「ユアストーリー」だなんて名乗ってるのが切ない。「物語なんてこんなものだろう」と考える愚かな人間のみ成せるものだ。この最低の物語を作った人間に言いたいーーもっと世の中の良い物語に触れ、「大人になれ」と。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ