ここから本文です

アメリカン・アニマルズ (2018)

AMERICAN ANIMALS

監督
バート・レイトン
  • みたいムービー 134
  • みたログ 304

3.46 / 評価:231件

おまえ、ここ飛び越せる?

  • yam***** さん
  • 2019年7月7日 11時24分
  • 閲覧数 396
  • 役立ち度 4
    • 総合評価
    • ★★★★★

おまえ、ここ飛び越せる?
と聞かれて飛ばないと臆病者のそしりを受けてしまう
それが嫌で危険を覚悟でジャンプし、ケガをする
まさに、男の子あるあるw

成長するにつれリスクベネフィットを勘案し慎重になるものなんだけど、こいつらはちがう!

始まったばかりの大学生活に幻滅し、
自分の親にも幻滅し、
自分は特別な存在じゃないんじゃないかと恐怖し、
このまま進めば自分もあんな退屈な一生を送るんじゃないかと恐怖し、
空虚な心を抱え、何かを変えたいと強く熱望する…
まさに、大学1年生あるあるw

胸を焦がすあせりと熱は徐々に冷めていくのが普通なんだけど、こいつらはちがう!


20年後、後悔してもいいの?
何もしなかったことを…

一旦は計画を抜ける決心をしたスペンサー、でもウォーレンの問いかけが彼の心を揺さぶる!

ウォーレンのカリスマ性と自分の行動の自己正当化能力は甚だ危険!
両親も離婚し、彼にはそんなに失うモノもない!
彼の風貌と言動は、ドアーズのジム・モリソンをどことなく彷彿とさせるしw

スペンサーの空虚感を発火点に、
ウォーレンのカリスマ性を中心として、
エリックとチャズも、ウォーレンに引きずられるように、事態に巻き込まれていく…
大学生の男の子にとっては回避するのが困難な、実に危険なブービートラップに見事にはまっていく…

(関係ないけど、オーム真理教の奴等も普通の若者だったんだよな…)

ドアーズのPeace Frogの煽るような曲調をバックに(むちゃくちゃアガるw)
4人のバカ共(褒めてる)はある行動に出る


綿密に練ったはずの計画は映画みたいにうまく行くはずもなく
無様に慌てふためくど素人たちw
当然ながら、大学生の妄想と現実の落差が激しく笑えるw


計画中が一番楽しくて、やった後には後悔と仲間割れと責任のなすり付けが待っている…
退屈なだけと思っていた日常生活から切り離された瞬間、逆に恋しくなってしまう不思議…
根性があると思っていた奴が実は一番ヘタレだったり…
そういう、普段は格好つけて見せない、裸の自分と向き合うことになるんだよな…
子供の頃のいろんな失敗と生々しい感情を久しぶりに思い出してしまうw


常識の外に足を踏み出し失敗こいたけど、ホントに超えてはいけないラインは超えなかった

プロの犯罪者は金のためなら人を傷つけ殺すことも厭わない
その一線を越えるか越えないか
もっとも大事なことはそこだと思う
育ちがいい彼らは、その一線だけはちゃんと弁えていた
常識と法の一線は越えてしまったが、人としての一線は越えなかった
彼らには人を傷つけることはできなかった
彼らは動物ではなく、割とまともな若者だと思う
タイトルの「American animals」は、「American animals?」の略だと思う
彼らを動物だと思いますか?
私は思いません


結局、色々犠牲にして、7年刑務所暮らしを経験し、本当に特別な存在になった4人

監督が本人たちを登場させたのは、この映画をただの娯楽ではなく、まだ若い彼ら4人の人生を救うものにもしたかったからだと思う

彼らがただ若くてバカなだけで、邪悪ではない事がよく分かった



スペンサー:葉っぱの緑 → 故郷に留まり鳥の絵を描いている
エリック:心が黒いから黒 → 故郷を離れライターを目指す
チャズ:なんとなくピンク → 故郷を離れジムのトレーナーに
ウォーレン:母なる太陽の黄色 → 故郷を離れ映画制作の勉強のため大学に入り直すw

ウォーレンがこれから携わるだろう映画、観てみたい!


失敗から学べ!
若い頃の失敗はムダではない!
Remorse over doing regrets without doing!
Stay hungry, stay foolish!
どうせやるなら主体性を持ってやれ!
やった後でぐちぐち言うな!
死ななかっただけマシだと思え!
人としての一線は守れ!
BJには謝りに行けよw!

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ