ここから本文です

テーマは怖いが

  • ada********* さん
  • 2019年9月20日 1時28分
  • 閲覧数 386
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

主人公がよくわからない。
アメリカで育ち母親韓国人で、どうして日本で記者をするのか。
あんなぼそぼその喋りではインタビューなんかできないし、
取材源が信頼するかなぁ。
英単語で考えてるくせに記事はスラスラ日本語で書く、その割に喋りはからっきし。アンバランス。
いくら杉原本人がオッケーしたとは言え、続報ですぐ名前だしましょうって、
取材源を守る気は無いのか?
内調にまんまとひっかかってすぐ取材源に電話する、
走って会いに行き、会って手を振る。
記事の重さに対する自覚が足りなさすぎやしませんか。
あまりにも軽率すぎて、内調が恐ろしいよりも
単に主人公の能力が低すぎるとしか感じなかった。
杉原もあんな記者によく自分の人生かけられるわ。
忍び込んだ官僚の部屋で家探ししてるけど、
秘書がお茶持ってきたらどうすんの。
スマホで写真パシャパシャ撮ってたやつがその後きちんとした紙資料になってたけど、
すごいカメラの腕ですね。
御都合主義がすぎるわ。
モチーフは、実際の話と重ねられるところごあったのでよかった。
画面は変化に乏しい。
物語も淡々と進んで急に生物兵器の登場(書類上だけ)。
ペンタゴンペーパーズと近いと思ってたけど雲泥の差。
やりようによっては面白くなったかも。
もう少し年上の役者でやるとか。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 悲しい
  • 不気味
  • 恐怖
  • 絶望的
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ