2019年9月20日公開

初恋ロスタイム

1042019年9月20日公開
初恋ロスタイム
3.2

/ 121

18%
27%
26%
19%
10%
作品情報上映スケジュールレビュー

作品レビュー(26件)


  • さーたん

    4.0

    既視感はあるが、、

    青春、ラブロマンス、難病+ファンタジーなど、既視感はありますが、それらの要素がバランスよくなかなかの佳作だと感じました。 主人公の二人、板垣瑞生と吉柳咲良が、かなり新鮮で好印象。さらに、竹内涼真がいい雰囲気で2人だけのストーリーにスパイスを効かせており、かなり効果的です。 アラカンのオジサンでもそこそこ、楽しめました。

  • たーちゃん

    2.0

    ネタバレあなたはわたしの初恋です

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • MOON

    3.0

    ちょっとついていけなかった〜

    若い子向けだな…

  • sen********

    1.0

    なんなのこれ

    難病、タイムシフト、「誰か助けてください」 きみすい、君の名は、せかちゅー、タイヨウのうた、ただ君を愛してるのいいとこ取りだよね。 でも、原作はノベライズ小説か少女漫画でしょ?じゃ仕方ないと思ったら、けっこう実績がある小説家じゃないですか。 「100年先も愛する、腎臓上げる、腸閉そく覚悟している」 って、こっぱずかしいぞ。 誰か、医学ヲタ教えてほしい。 血液関係がなくても、バンクを通さずに腎移植できるのだろうか。

  • アサシン

    4.0

    涙を誘うそれぞれのロスタイム

    いやはや、ロスタイムは導入の小道具であり、本筋はシンプルな難病ものです。 しかしながら演技が上手い。 ヒロインは不細工ですが声が良い、さすが天気の子で準主役だけある。 主役も良い、そして竹内涼真はなお良い。 これだけシンプルなストーリーで最後に涙を誘うのは、それだけ演技が素晴らしい事に尽きます。 良い映画でした。

  • WXYは知ってても、それだけじゃ

    3.0

    小道具

    切なさを誘う小道具、難病、タイムシフトこれら量産型恋愛話のお決まり。 これに、医大志望の男等の将来像かと惑わせる様に設えた医者カップルを登場させて少し捻る。普段は食べられないエビフライやチョコレートを腹いっぱい食べて涙するのもその小道具の一つ。それと悲劇になるかそうでないか最後まで引っ張るのも目を離させないための技法っぽい。

  • Dr.Hawk

    2.0

    ネタバレ義兄になってもドナーになれるのかな?

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • ken********

    3.0

    爽やかですね

    毎日1時間だけ時間がとまる二人のラブストーリー。 前半爽やかだけど、後半重い展開ですね。 これは、あまりにも大きな試練な気がしますね。 1時間、周りが時間止まって、1時間前にリセットされる展開ってエッチなことばかり考えてしまうけど、この映画はほんと爽やか。 そして、どうも主演二人がいまいちなんですよね。難しい役どころではありますが。

  • 兼子修

    2.0

    ネタバレ時間を止める理由

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • みいさんす

    5.0

    久しぶりに感動しました☆

    ファンタジーではありますが浮わついたものではなく地に足のついた濃い内容の映画でした。 若さゆえの煌めきや真摯さを新人さん2人は全力で演じていました。 2人の成長と共に周りの大人達も成長していく所がきちんと描かれており久しぶりに感動しました。 音楽も素晴らしく エンドロールを観ながら涙が溢れました。 沢山の人に観ていただきたいです("⌒∇⌒")☆

  • pip********

    4.0

    主演の男の子がカッコいい

    主演の男の子がめちゃカッコいい。名前は初めて聞いたけど、これからどんどん有名になると思う。ほんとにカッコいい。 相手役のキリュウさん?このルックスだと、競合他者にカワイイ子がいっぱいいるからね、このままじゃ厳しいかな。最低限タッパが欲しい。まだ若いから間に合う。牛乳を飲もう。 で、肝心のお話の方は、もっと普通の学園恋愛ものかっと思っていたら、SFチックな展開で、そして難病ものだったのね。 最初からなんぼのもんじゃいと思いながら斜めに見ていたんだけど、どんどん引き込まれて、最後は、作品の出来に感心してしまった。 なかなかいい。公開規模が小さいのが残念。

  • dar********

    2.0

    ストーリーがベタ過ぎる

    ストーリーもセリフもベタ過ぎる。 95%予想通りの展開に。 ただ、残りの5%はちょっと意外な展開もありました。そこは楽しめます。 主演のおふたりの初々しい演技、応援したくもなりますが、、、演技も厳しいですね。今後に期待です。 物語上、時音がとても重要でこのキャラがどれくらい好きになれるか。 ちょっと演技が大きかったり、アニメっぽいなぁ、と思ったら、舞台女優さんなのですね。 初め、時音が高校生か中学生か分からなかったのですが、高校生なら淡い初恋の話ですが、中学生ならやばいなぁと思ってしまった。 君の膵臓をたべたい 君はつきよに光り輝く 半分の月がのぼる空 などなどと比べるとベタ過ぎる。 私は泣けない。

  • とっとこ♪

    5.0

    今を大切にしたいと思わずにはいられない

    原作も眩しさを感じたけれど、映画はさらにキラキラと眩しく、儚く、温かい…そんな感覚が心に宿る作品です️ 幼さ故の儚さは、やがて主人公達の心の成長と共に強い光に変わり、自分にできることや幸せの意味を問いかけて来ます 今を大切にしよう、そう思わずにはいられません 若い二人を見守る医師・浅見先生も、二人と出会い、手を差しのべることで、大切なことに気付き、医師として、また人として成長をしたと感じました 主人公の孝司と時音のストーリーと共に、 浅見夫妻のサイドストーリーにも胸を打たれます… 大切な人の事を想いながら観て欲しい作品です。

  • hap********

    4.0

    予想外に良い映画!

    正直、タイムスリップが入ったありがちな若者のキラキラ恋愛映画だと思ってたけど良い意味で裏切られた。 ファンタジー映画ではなく ちゃんとしたヒューマンストーリー。 ポスターで見ていたラストシーンは映画を観る前と後では全く印象が違う。 素晴らしいラストシーン。 大切な事を思い出させてくれる映画。 主演の板垣瑞生くんと吉柳咲良さんの演技がフレッシュで切なく、微笑ましく、儚く、だけど徐々に強さが出てきて最後には全く顔つきが違っていた。 咲良さんはラストシーンでは本当に美しかった。 予告でのセリフが全く違う意味で使われていて良い意味で意外な展開だった。 キーマンと言われている竹内涼真さんと また甲本雅裕さんがとても大人な演技で若い2人を助けていてまたそこでも泣かされた。 竹内涼真さんがとても素敵だった。 胸キュン映画では全くなく、 ギュンと心を掴まれる良作だった。 料理をする男子を見てこんなに切なくなるとは思わなかった。 個人的には板垣くんが本当に良い演技をしていたと思う。 観てよかった。 残念なのはやはり主演の知名度の低さからか若い子たちが見られないくらい、上映館が少なく、時間も少ない事。 若い子にこそ観て欲しい、そして色んな事を大切にする気持ち、諦めない気持ちなどをここから感じて欲しかった。

  • みやっちんぐみやちこ先生

    5.0

    ヒロインはそれほど可愛くない努力と奇跡の映画

    Tジョイ蘇我で映画『初恋ロスタイム』観ました。 かつて医学部を目指していた浪人生の相葉孝司(板垣瑞生)は幼少期に最愛の母親を亡くしいくら頑張っても無駄だと考えていた。 ある日、予備校の授業中に12時15分に自分以外の人やエレベーターなど全てが止まっていることに気づく。 他に同じ様に動ける人がいないか街に出るが、女子高生の篠宮時音(吉柳咲良)一人だけが同じ状態だった。やがて二人は12時15分から世界が1時間止まることに気付きこの時間を“ロスタイム”と名付ける。 相葉はロスタイムを過ごすうちに篠宮に恋心を抱くが彼女には秘密があった…という物語。 まずヒロインの篠宮役の吉柳咲良がそれほど可愛くない?と思いましたが、映画見たあとでチラシを見たらなんと榊原郁恵や井森美幸を輩出したホリプロスカウトキャラバンのグランプリ受賞者でした。 これは東宝シンデレラオーディションで同じくグランプリと審査員特別賞を取っていた上白石萌歌と萌音姉妹以来の衝撃でした。大器晩成型? 話はストーリーに戻って青年医師役の竹内涼真が出てきます。この人物がキーパーソンで終了40分過ぎにえっ?と思います。見た人みんな完璧に騙されると思います。完璧なミスリードです。 もし、時間が止まったら…私はイヤらしい事を真っ先に考えましたが(笑)そこは青春恋愛映画、そうは行きません。 好きな人の為なら出来ないことはない、努力と奇跡も起きてホロッと来るいい映画でした♪ #初恋ロスタイム #竹内涼真 #橋本環奈 #上白石萌音 #上白石萌歌 #グランプリ #ミスリード #ウィルソン病 #ホリプロ #ホリプロスカウトキャラバン #生体肝移植 #成人 #親族 #榊原郁恵 #井森美幸 #東宝シンデレラオーディション #柏原芳恵 #石橋杏奈 #甲本ヒロト #甲本雅裕

  • sig********

    4.0

    ジーンとくる、なかなか良い映画。

    設定は現実感のないファンタジーな部分があるが、その中で描かれている恋愛模様は純粋そのもの。ヒロインは高校生なのに大人のような遠慮があり、そこがまた健気で応援したくなる。 好きな人がいて、一番大事なのは、その人とどうすれば長く一緒にいれるか。その為に自分の身を削っても痛くないなら、本当の愛だよね。 自分の事を第一に考えていて、エゴにまみれた自分は身につまされる思いで観た。こんな純愛がしたい、そう思わせる、なかなか良い映画でした。

  • lae********

    5.0

    ファンじゃなくても楽しめます(^ ^)

    初日、舞台挨拶付の上映を観ました。 主演の吉柳さんが 映像作品、初出演、初主演と聞いていたので、 どんな感じなのだろう?と思っていたのですが、 とても素直で気持ちが伝わる良い映画でした。 舞台挨拶で河合監督が 「キラキラした映画は沢山撮ってるのですが、 今回の2人(吉柳さんと板垣さん)は、照明などの助けがなくてもキラキラしてた」 とおっしゃっていたけれど、 本当にキラキラした映画でした。 吉柳さんは 「主演なんて出来るんだろうか?と毎日不安だったけれど 役がいつも前向きで、背中を押されました。 観てくれた人の背中を押してくれる作品になったら嬉しいです」 と言ってらしたけど、 本当に、私みたいなおばさんでも もうちょっと頑張ろうと元気になる映画でした。 泣いてる方も沢山いました。 出演者のファンの方が沢山いて 誰のファンでもない私は気後れしましたが、 映画はとても楽しめましたし、 沢山の人がこの映画を観て、元気になるといいな、 と私も思いました。 若いって素晴らしい。

  • ネコと映画と人生

    3.0

    悪くはないけど…

    時間が止まった世界で2人だけ動けるという設定はありがちではあるものの、そこで展開されるストーリーにマンネリ感は無く 俳優さん達の演技も悪くないと思います。 …が やはり新鮮味には欠ける気もしましたし、他の同様な作品で 私が好きな作品と比べてしまうと 平均点の評価にもなってしまいます。 主演の女の子は映画初出演にして初主演らしいので 確かに芸能界に染まっていない《フレッシュで普通な感じ》がするのはプラス評価出来る点ではあるのだが、同時にそれ故に《現時点では『ヒロインとしての魅力』がまだ足りないかな》というマイナス評価にも繋がりました。 ビジュアル的には、美少女感はあるけど美少女という程でもなかったし、声もチョイ低めで《ハスキーでは無い橋本環奈》みたいだったけど、【まだまだ原石】な感じもするし これからが楽しみな女優さんです! 主演男子の方はイケメンではあったけど それほどキャラが立ってる感じもなかったし、ヒロインの微妙さが気になり過ぎて 印象に残っていない…。ゴメンと言っておこう。 あと竹内涼真さんと石橋杏奈さんの2人の見せ場が思ったよりも無かった。と言うか ほぼ若手2人で展開してましたね。 最後に《甲本雅裕さん》相変わらず演技が素晴らしいですよね。役というかキャラの振り幅が大きい所が好きです。

  • kan********

    5.0

    ネタバレ気持ちの良い純愛映画

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • やすパパ

    4.0

    見て良かった

    近くの映画館では上映がなかったのだが、見てみたかった作品だったので少し遠出をして見た。結論からいって思っていたより良かった、泣ける映画だった。

1 ページ/2 ページ中