ここから本文です

アルテミスと妖精の身代金 (2019)

ARTEMIS FOWL

監督
ケネス・ブラナー
  • みたいムービー 40
  • みたログ 36

2.33 / 評価:24件

ものすごいダイジェスト感

  • オーウェン さん
  • 2021年2月18日 11時35分
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

一応原作小説があるみたいだけど、同列に語られるのがハリポタやロード・オブ・ザ・リングとなるとさすがに無謀といわざるを得ない。

そもそもこれがどういう話なのか説明不足が過ぎる。
豪邸の家の地下室には妖精たちが占拠した世界があったという、大まかでざっくりとした説明しかない。

だから世界観に入っていけずに勝手に進行していく状態。
父を救うため息子のアルテミスが頭脳を駆使するのだが、この少年の立ち位置もあやふや。

妖精たちと戦ったり共闘したりと、90分ぐらいのダイジェスト映像を見せられた印象しかない。
顔を見せない誘拐犯も続編のためなのだろうが、不評によってそれもないだろう。

ケネス・ブラナーが監督したのに、その色が全く見えない代物。
配信という形態だったけど、むしろ公開してめちゃくちゃに貶められるよりはよかったのかも。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ